食品総合研究所

食品研究ワーキンググループ

農研機構食品総合研究所では、時事の食品研究に関する問題に対してその分野の専門員を中心としたワーキンググループを設置し迅速な対応を行っています。また、課題とその規模に応じてプロジェクト・バーチャルセンターを組織し、複数の分野・研究所と連携した研究対応を行っています。

ワーキンググループ

機能性を持つ農林水産物・食品開発プロジェクトワーキンググループ

放射性物質影響ワーキンググループ

バイオ燃料変換技術開発ワーキンググループ

過去の活動

バーチャルセンター

食品機能性研究センター

食品安全技術開発センター

  • 様々な危害要因(ハザード)に対して、生産から消費までのフードチェーン全体の安全を確保するため、各分野の研究者が協力して、危害要因の特性調査や制御法の開発にあたります。
    食品安全技術開発センター紹介資料 [PDF:338KB]

食品分析・標準化センター

  • 食の安全と信頼性の確保、食品分析の国際標準化のためには、分析値の信頼性確保が必要です。そのための基盤整備活動を目的に当センターを設置します。
    食品分析・標準化センター詳細