食品総合研究所

機能性評価技術ユニット

役割

食品はいろいろな機能性を示します。そして、人によって、また体調によってその効果は異なります。私たちは、食品の働きを遺伝子レベルで明らかにするニュートリゲノミクスの手法を用いた評価など、食品の機能性を総合的に評価するための新しい評価法や分析法の開発を行っています。また、食品が機能性を示す仕組みを分子レベルで明らかにして、評価に役立てています。

主な研究テーマ

ニュートリゲノミクスによる機能性評価と作用メカニズムの解明

動物モデルを用いて、DNAマイクロアレイによる遺伝子発現解析などにより、食品成分の機能性の網羅的、総合的な評価を行っています。有効な食品成分は作用メカニズムを明らかにします。またアレルギーや炎症、脂肪肝炎などを評価できるDNAマイクロアレイを開発し、食品成分の機能性評価に利用しています。また、他機関と連携して、機能性成分を高含有する農作物のヒトでの有効性解明を目指しています。(小堀)
ニュートリゲノミクスデータのアーカイブ化と機能性評価への活用
ニュートリゲノミクスデータベース機能性評価データベース
タマネギ料理レシピ集

βクリプトキサンチン

 

ケルセチンは西洋型食摂取による肥満、メタボリックシンドロームを改善する

 

食品タンパク質の定量法開発

AQUA法(安定同位体ラベルアミノ酸を含んだ内部標準ペプチドを用いたLC/MS/MSによる定量法。定量的プロテオミクス手法の一種)を用いて、食品の機能性タンパク質、アレルゲンタンパク質や加工特性に影響を及ぼすタンパク質の定量法の開発を行っています。(一法師)

 

定量法の開発、定量法による測定

 

時間栄養学に関する研究

われわれの持つ体内時計は、食事因子によって大きな影響を受けます。また、食事の効果も体内時計が示す時刻によって変化します。このような、食事と体内時計の関係を扱う学問を「時間栄養学」と呼び、近年、急速に知見が深まっています。われわれの研究室では、時間栄養学的な視点から、栄養素や食品成分と体内時計の関わりについて研究を行っています。(大池)

時間栄養学

食事と老化速度に関する研究

食事内容によって老化速度がどのように変化するのかを明らかにするため、マウスの加齢性難聴(マウスも歳をとると耳が遠くなる)を指標に、食事因子と老化速度の関係に関する研究を行っています。(大池)

 

メンバー

ユニット長
小堀真珠子(こぼり ますこ)/ 専門:食品機能学、細胞生物学

主任研究員
一法師克成(いっぽうし かつなり)/専門:食品化学

研究員
大池秀明(おおいけ ひであき)/専門:時間栄養学、味覚科学、分子生物学

 

主要成果

トピックス:「タマネギレシピ集
トピックス:「糖とアミノ酸が朝のリズムを生み出す

  • M. Kobori, Y. Ni, Y. Takahashi, N. Watanabe, M. Sugiura, K. Ogawa, M. Nagashimada, S. Kaneko, S. Naito, T. Ota: β-Cryptoxanthin Alleviates Diet-Induced Nonalcoholic Steatohepatitis by Suppressing Inflammatory Gene Expression in Mice. PLoS ONE 9(5):e98294 (2014). [ダウンロード]
  • Oike H, Oishi K, Kobori M (2014) Nutrients, Clock genes, and Chrononutrition. Curr Nutr Rep. 3(3) [ダウンロード]
  • K. Ippoushi, H. Ueda, A. Takeuchi: Milk prevents the degradation of daikon (Raphanus sativus L.) isothiocyanate and enhances its absorption in rats. Food Chem. 161, 176–180 (2014).
  • K. Ippoushi, H. Ueda, A. Takeuchi: Corn oil and milk enhance the absorption of orally administered allyl isothiocyanate in rats. Food Chem. 141(2), 1192-1195 (2013).
  • K. Nagai, T. Fukushima, H. Oike, M. Kobori: High glucose increases the expression of proinflammatory cytokines and secretion of TNFα and β-hexosaminidase in human mast cells. Eur. J. Pharmacol. 687(1-3), 39-45 (2012). [ScienceDirect]
  • M. Kobori, S. Masumoto, Y.Akimoto, H.Oike: Phloridzin reduces blood glucose levels and alters hepatic gene expression in normal BALB/c mice. Food Chem. Toxicol. 50(7):2547-53 (2012). [ScienceDirect]
  • H. Oike, K. Nagai, T. Fukushima, N. Ishida, M. Kobori: Feeding Cues and Injected Nutrients Induce Acute Expression of Multiple Clock Genes in the Mouse Liver. PLoS ONE. 6(8): e23709. Aug 25 (2011).  [ダウンロード]
  • H. Oike, M. Kobori, T. Suzuki, N. Ishida: Caffeine lengthens circadian rhythms in mice. Biochem Biophys Res Commun. 410(3), 654-658 (2011).
  • M. Kobori, S. Masumoto, Y. Akimoto, H. Oike: Chronic dietary intake of quercetin alleviates hepatic fat accumulation associated with consumption of a Western-style diet in C57/BL6J mice. Mol. Nutr. Food Res. 55(4), 530-540 (2011).
  • H. Oike, K. Nagai, T. Fukushima, N. Ishida, M. Kobori: High-salt diet advances molecular circadian rhythms in mouse peripheral tissues. Biochem Biophys Res Commun. 402(1), 7-13 (2010).
  • K. Ippoushi, A. Takeuchi, K. Azuma: Sinigrin suppresses nitric oxide production in rats administered intraperitoneally with lipopolysaccharide. Food Chem. 120(4), 1119-1121 (2010).
  • K. Ippoushi, A. Takeuchi, K. Azuma: Prevention of peroxynitrite-induced oxidation and nitration reactions by ellagic acid. Food Chem. 112(1),185-188 (2009).
  • M. Kobori, S. Masumoto, Y. Akimoto, Y. Takahashi: Dietary quercetin alleviates diabetic symptoms and reduces streptozotocin-induced disturbance of hepatic gene expression in mice. Mol. Nutr. Food Res. 53(7), 859-868 (2009).
  • K. Nagai, Y. Takahashi, I. Mikami, T. Fukusima, H. Oike, M. Kobori: Fisetin suppresses mast cell activation induced by interaction with activated T cell membranes. Br. J. Pharmacol. 158(3), 907-919 (2009).
  • K. Fukushima, K. Nagai, Y. Hoshi, S. Masumoto, I. Mikami, Y. Takahashi, H. Oike, M. Kobori: Drosera rotundifolia and Drosera tokaiensis suppress the activation of HMC-1 human mast cells. J Ethnopharmacol. 125(1), 90-96 (2009).
  • S. Masumoto, Y. Akimoto, H. Oike, M. Kobori: Dietary phloridzin reduces blood glucose levels and reverses Sglt1 expression in the small intestine in streptozotocin-induced diabetic mice. J Agric. Food Chem. 57(11), 4651-4656 (2009).
  • M. Niwa, K. Nagai, H. Oike, M. Kobori: Evaluation of the skin irritation using a DNA microarray on a reconstructed human epidermal model. Biol. Pharm. Bull. 32(2), 203-208 (2009).