食品総合研究所

機能生理評価ユニット

役割

超高齢社会において活力のある社会を維持していくためには、生活習慣病とどう向き合うかが重要になってきます。食品は疾病の予防や健康維持・向上に寄与する機能を有しており、食生活の健全化による生活習慣病の予防が食品機能の重要な課題の一つです。一方、ヒトの腸内菌叢が健康機能と深く関わっていることが最近の研究で明らかにされています。そこで、私たちは、動物試験やヒトのボランティア試験によって腸内で機能成分を活性化する方法の検討やメタボリックシンドローム予防に寄与する腸内環境の解明を通じて、超高齢社会における疾病予防に寄与する食生活の提言をめざして研究に取り組んでいます。

腸内フローラの制御による生活習慣病予防の検討腸内フィトエストロゲン代謝改善食品

 

主な研究テーマ

フィトエストロゲン代謝を腸内で活性化するアンチエイジング食品素材の評価

フィトエストロゲンは、女性ホルモンのように機能する外因性エストロゲンのことであり、植物エストロゲンとも呼ばれています。大豆イソフラボンや植物リグナンの腸内菌叢の代謝産物であるequol (エコール)や enterolactone(エンテロラクトン)は、フィトエストロゲンに属し、エストロゲン活性が強く、更年期障害予防、骨粗鬆症予防等の機能性が期待されています。ところが、日本人の中には、エコールやエンテロラクトンの産生が弱い人が多数います。そこで、私共が開発したエコール産生菌を含むヒト腸内菌叢モデルを活用し、種々の食品成分とヒト腸内菌叢モデルとを嫌気的に培養し、エコール産生性を活性化する食品素材の評価をおこなっています。

メタボリックシンドローム予防に寄与する腸内環境の解明

腸内菌叢が肥満の寄与因子の一つであると推定されています。肥満状態のヒトと痩せたヒトとでは腸内菌叢の構成が異なることが見出されています。一方、食物繊維、ポリフェノールやオリゴ糖など種々の食品成分が腸内菌叢に影響を及ぼすことが知られています。しかし、肥満を予防や抑制するような腸内環境は明らかにされていません。そこで、高脂肪食を与えたマウスに種々の機能成分を投与し、機能成分による腸内菌叢の構成や代謝の変動が肥満の予防や抑制にどのように寄与するのかを調べています。

 

メンバー

ユニット長
田村 基(たむら もとい)/専門:食品機能学、腸内細菌学、栄養学 農学博士

契約職員
堀 幸子
星 千草

主要成果

  • M Tamura, S Hori, H Nakagawa. Dihydrodaidzein-producing Clostridium-like intestinal bacterium, strain TM-40: Effects on in vitro metabolism of daidzein by fecal microbiota from human male equol producers and non-producers.  Bioscience and microflora 30 (3) 65-71. (2011)
  • M Tamura, Y Ohnishi, T, Kotani N Gato. Effects of new dietary fiber from Japanese Apricot (Prunus mume Sieb. et Zucc.) on gut function and intestinal microflora in adult mice. Int J Mol Sci 12(4):2088-2099. (2011).
  • M Tamura, S Hori, H Nakagawa. Lactobacillus rhamnosus JCM 2771: Impact on metabolism of isoflavonoids in the fecal flora from a male equol producer. Curr Microbiol 62(5) 1632-1637. (2011)
  • M Tamura, T Iwani, S Hori, H Nakagawa. Lactobacillus fermentum ATCC9338: Effects on mouse intestinal flora and plasma concentration of isoflavonoids.  Food Sci Technol Res 16(5) 473-478. (2010)
  • M Tamura, S Hori, H Nakagawa. Impact of dietary polydextrose on the daidzein metabolism in adult mice Bioscience and microflora 29(4) 185-1903. (2010)
  • M Tamura, S Hori, H Nakagawa. Lactobacillus collinoides JCM1123: Effects on mouse plasma cholesterol and isoflavonoids in the caecum. Antonie van Leeuwenhoek 96. 621-626. (2009)
  • M Tamura, T Iwami, K Hirayama, K Itoh. High fiber diet supplemented with rice bran hemicellulose may reduce daidzein absorption in mice. Food Sci Technol Res 15(2), 141-146. (2009)
  • M Tamura, H Nakagawa, T Tsushida, K Hirayama, K Itoh. Effect of pectin enhancement on plasma quercetin and fecal flora in rutin-supplemented mice . Journal of Food Science 72(9) 648-651. (2007)
  • M Tamura, M Ohnishi-Kameyama, H Nakagawa, T Tsushida. Dihydrogenistein-producing Bacterium TM-40 Isolated from Human Feces. Food Science and Technology Research 13(2), 129-132. (2007)
  • K Hirayama, K Uetsuka, Y Kuwabara, M Tamura, K Itoh. Vitamin K deficiency of germfree mice caused by feeding standard purified diet sterilized by γ-irradiation. Experimetal Animal 56 (4), 273-278. (2007)
  • M Tamura, T Tsushida, K Shinohara. Isolation of an isoflavone-metabolizing, Clostridium-like bacterium, strain TM-40, from human faeces. Anaerobe 13(1), 32-35 (2007)
  • M.Tamura, H. Saitoh. Comparison of the in vitro metabolism of isoflavones by fecal flora from human flora-associated mice and human. Journal of the Science of Food and Agriculture, 86 1567-1570. (2006)
  • M.Tamura, T.Tsushida, K. Shinohara. Bifidobacterium may affect in vitro metabolism of daidzein by faecal flora from mice and a human equol producer, Microecology in Health and disease, 16 42-46. (2006)
  • M.Tamura, T.Tsushida, K. Shinohara. Kojac glucomannan consumption may enhance equol production in mice, Food science and technology research, 11(4), 376-379. (2006)
  • M. Tamura, K. Hirayama, K, Itoh, K. Shinohara. Effects of human intestinal flora on plasma and caecal isoflavones, and effects of isoflavones on the composition and metabolism of flora in human flora-associated (HFA) mice, Microecology in Health and disease, 16, 18-22 (2004)
  • M. Tamura, K. Shinohara. Effects of fructose-isoflavone diet on plasma isoflavonoids and cecal enzyme activity in mice, Food science and technology research, 10(2), 191-194. (2004)
  • M. Tamura, M. Ohnishi, K. Shinohara. Lactobacillus gasseri: Effects on mouse intestinal flora enzyme activity and isoflavonoids in the caecum and plasma, British Journal of Nutrition, 92(5), 771-776. (2004)