食品総合研究所

品質情報解析ユニット

役割

食品の品質をより的確に評価するための新たな機器計測法、およびデータ解析法の研究開発をしています。分析値の信頼性を高めるためのサンプリング法、妥当性確認試験及び統計手法を用いたデータ処理法の検討を行っています。

 

主な研究テーマ

品質情報の解析法の開発

分析法の妥当性確認のための試験方法、 サンプリング方法や、品質特性の評価に必要なデ-タ解析法について研究しています。

精米粉末中カドミウムおよびミネラルの分析に関する技能試験を2006年度より年1回実施しています。
募集案内は、食品総合研究所のイベント・セミナーをご覧ください。


技能試験による測定値のかたより評価

 

メンバー

ユニット長
内藤 成弘(ないとう しげひろ)/専門:計測工学

主任研究員
進藤 久美子(しんどう くみこ)/専門:食品分析

研究員
吉村 正俊(よしむら まさとし)/専門:農業情報工学

 

主要成果

  • 進藤久美子、塚越芳樹、内藤成弘、稲垣和三、鎗田孝、成川知弘、千葉光一、安井明美: 精米粉末中カドミウム及び主要無機質の技能試験, 分析化学, 57(6), 427-437 (2008)
  • M. Koizumi, S. Naito, T. Haishi, S. Utsuzawa, N. Ishida, H. Kano: Thawing of frozen vegetables observed by a small dedicated MRI for food research, Magnetic Resonance Imaging, 24(8), 1111-1119 (2006)
  • Akemi K. Horigane, Shigehiro Naito, Mamoru Kurimoto, Kentaro Irie, Masaharu Yamada, Hirofumi Motoi, Mitsuru Yoshida: Moisture distribution and diffusion in cooked spaghetti studied by NMR imaging and diffusion model, Cereal Chemistry, 83(3), 235-242 (2006)
  • S. Naito, S. Fukami, Y. Mizokami, R. Hirose, K. Kawashima, H. Takano, N. Ishida, M. Koizumi, H. Kano: The effect of gelatinized starch on baking bread, Food Science & Technology Research, 11(29), 194-201 (2005)
  • N. Ishida, S. Naito, H. Kano: Loss of moisture from harvested rice seeds on MRI, Magnetic Resonance Imaging, 22, 871-875 (2004)
  • S. Naito, S. Fukami, Y. Mizokami, N. Ishida, H. Takano, M. Koizumi, H. Kano : Effect of freeze-thaw cycles on the gluten fibrils and crumb grain structures of breads made from frozen doughs, Cereal Chemistry, 81(1), 80-86 (2004)