食品総合研究所

穀類利用ユニット

役割

米等の穀類は、食料自給の基幹作物であるとともに、食生活においてもカロリー源や生理機能成分供給源として重要です。当研究ユニットでは、米麦を中心とする穀類の品質・性状に関する試験・研究を行っています。例えば、(1)米の食味の物理化学的評価技術の開発、(2)米のDNA品種判別技術の開発、(3)米麦の新しい加工技術の開発、(4)米麦の機能性成分の解明と利用に関する研究などを行っています。

 

主な研究テーマ

  1. 国内産米及び外国産米の特性解明と加工技術の開発
  2. 米のDNA品種判別技術の開発及び妥当性の確認
  3. 米麦の機能性成分の解明及びその利用技術の開発
    米の食味の多面的理化学評価     日本酒を試料とする原料米のDNA判別技術
    米の食味の多面的理化学評価                            日本酒を試料とする原料米のDNA判別技術

 

メンバー

ユニット長
奥西 智哉(おくにし ともや)/専門:加工利用 農学博士

研究員
岸根雅宏(きしね まさひろ)/専門:品種判別 博士(生命科学)

契約職員
宮下香苗(みやした かなえ)
矢口貴代(やぐち たかよ)
岡崎法子(おかざき のりこ)
宮崎祐子(みやざき ゆうこ)

主要成果

米利用促進と特性解明

 米利用促進と特性解明

米粉あるいは炊飯米を用いたパンを作成し、評価しました。(ごはんパンのレシピはこちら)
また、米単独あるいは他穀類混合の原料から機能性等を付与した新規素材を開発しました。
米の利用を促進して自給率の向上を目指します。

  •  K.Iwashita, K.Suzuki, K.Miyashita, T.Okunishi: Effects of rice properties on bread made from cooked rice and wheat flour blend., Food Sci. Tech. Res.、17(2): 121-128 (2011) 
  • 高橋克嘉、奥西智哉、鈴木啓太郎、柚木崎千鶴子:米粉パンの加工適性評価と宮崎県産米粉間の比較、食科工、58(2): 55-61 (2011)
  • 與座宏一、松木順子、岡留博司、岡部繭子、鈴木啓太郎、奥西智哉、北村義明、堀金彰、山田純代、松倉潮:製粉方法の異なる米粉の特性と製パン性の関係、食総研報、(74): 43-47 (2010) 
  • 奥西智哉:炊飯米を生地に添加したパンの官能評価、食科工、56(7): 424-428 (2009) 
  • 奥西智哉:ごはんパンにおける最適炊飯米置換率、平成20年度農研機構成果情報(技術・参考) 
  • 大坪研一,岡留博司,奥西智哉,鈴木啓太郎: 発芽玄米膨化物及びその製造方法、2008年8月特許登録(4166011)

国内および外国産米の特性解明および加工・評価技術の開発

kohatsunewrva

主に米飯の特性を解明し、新しい加工技術の開発につなげました。
穀粉の糊化特性データを基礎に新しい米の評価装置を開発しました。
米飯の硬さ・粘り・冷ごはんのなりやすさ(老化性)がわかります。

  • Kishine M, Suzuki K, Nakamura S, Ohtsubo K. : Grain qualities and their genetic derivation of 7 New Rice for Africa (NERICA) varieties. J Agric Food Chem, 56: 4605-4610 (2008)

米及び米加工品のDNA品種判別技術の開発

koshikit

米のDNA品種判別キットを開発しました。この技術は穀粒だけでなく加工品にも対応しています。
さらに食味判別にまで応用可能です。

  • 岸根雅宏奥西智哉:LAMP法を利用したコシヒカリの高精度・迅速識別、食科
    工、58(12), 591-596 (2011) 
  • 岸根雅宏:SSRマーカーを用いたコメの高精度品種鑑定法、平成22年度食品試験研究成果情報(技術・普及)
  •  岸根雅宏奥西智哉:DNAマーカーによる糯米検出法、食科工、58(1), 26-29 (2011)
  •  岸根雅宏:イネまたはそれに由来する組織、あるいはそららの加工品の品種鑑定法、2010年9月特許出願(特願2010-202983)
  •  岸根雅宏奥西智哉:国産および外国産のイネまたはそれに由来する組織、あるいはそれらの加工品の識別法、2010年9月特許出願(特願2010-202984)
  • 森谷真紀子、結城和博、岸根雅宏、鈴木啓太郎:Insertion/Deletionマーカーを用いた山形県水稲奨励品種の判別法、平成21年度東北農業・作物(稲育種)成果情報(研究・参考)
  • 大坪研一,岡留博司,中村澄子,原口和朋,與座宏一,奥西智哉: 米のDNA食味判定技術及び籾/玄米半粒による良食味米選抜方法,2009年2月特許登録(4255630)
  • Kishine M, Nakamura S, Matsukura U, Ohtsubo K. : Cultivar identification of Korean rice based on DNA markers for blast resistance. Biosci Biotechnol Biochem, 72: 2767-2769 (2008)