食品総合研究所

脂質素材ユニット

役割

食品に含まれる脂質には,エネルギーと必須脂肪酸を供給する油脂類やビタミンA(カロテノイド),E,K等の脂溶性生理活性物質等が含まれ,ヒトの健康維持に深く関わっています。このユニットでは,食による生活習慣病予防を図るため,このような食品由来の脂溶性機能成分の安定性,消化・吸収性,体内での代謝と機能について幅広く研究しています。

 

主な研究テーマ

脂溶性機能成分の腸管吸収機構に関する研究

脂溶性食品成分には,水に溶けにくいため,カロテノイドのように吸収されにくいものがあります。このような脂溶性機能成分の吸収性は,食品の物理的性質,共存する他の食品成分,カロテノイドの構造によって異なると考えられています。食品として摂取されたカロテノイドの吸収性を決める要因を明らかにするため,消化モデル,腸管細胞モデルや実験動物を用いてカロテノイド吸収の特性を調べています。特に,リン脂質や食物繊維が脂溶性機能成分の腸管吸収に与える影響について詳しく調べています。
脂溶性成分の腸管吸収を仲介する混合ミセル β-カロテンの結晶
図-1 脂溶性成分の腸管吸収を仲介する混合ミセル 図-2 β-カロテンの結晶

 

カロテノイドの体内動態と生物活性に関する研究

カロテノイドは抗酸化物質やビタミンA前駆体として働くことでヒトの健康維持に役立っていると考えられています。ほ乳類のなかでもヒトは体内に種々のカロテノイドをたくさん蓄積できる特異な存在です。しかし,体に吸収されたあとでどのように代謝され排泄されるかといった体内動態や生体に対する詳細な作用機構はよく分かっていません。そこで, 体内で生成するカロテノイド代謝産物の構造を解析し体内動態を探っています。また,食品由来の様々なカロテノイドやそれらの代謝産物について,化学構造と抗酸化性等の生物活性の関係を調べています。

 

メンバー

ユニット長
都築 和香子(つづき わかこ)/専門:油脂化学

主任研究員
小竹 英一(こたけ えいいち)/専門:食品科学

 研究員
金井 良和(かない よしかず)/専門:天然物化学

主要成果

  • A. Nagao, E. Kotake-Nara and M. Hase, Effects of fats and oils on the bioaccessibility of carotenoids and vitamin E in vegetables. Biosci. Biotechnol. Biochem., 77 (5),1055-1060 (2013)
  • E. Kotake-Nara and A. Nagao, Effects of mixed micellar lipids on the carotenoid uptake by human intestinal Caco-2 Cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., 76 (6),875-882 (2012)
  • I. Jaswir, M. Kobayashi, T. Koyama, E. Kotake-Nara, and A. Nagao,Antioxidant behaviour of carotenoids highly accumulated in HepG2 cells. Food Chemistry,132 (2),865-872 (2012)
  • L. Yonekura, M. Kobayashi, M. Terasaki and A. Nagao, Keto-carotenoids are the major metabolites of dietary lutein and fucoxanthin in mouse tissues. J. Nutr., 140 (10), 1824-1831 (2010).
  • E. Kotake-Nara, L. Yonekura and A. Nagao, Effects of glycerophospholipid classes on β-carotene uptake by human intestinal Caco-2 cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., 74 (1), 209-211 (2010).
  • L. Yonekura and A. Nagao, Soluble Fibers Inhibit Carotenoid Micellization in Vitro and Uptake by Caco-2 cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., 73(1), 196-199 (2009).
  • A. Asai, L. Yonekura, and A. Nagao: Low bioavailability of dietary epoxyxanthophylls in humans. Br. J. Nutr., 100(2), 273-277 (2008).
  • M. Terasaki, A. Asai, H. Zhang and A. Nagao: A highly polar xanthophyll of 9'-cis-neoxanthin induces apoptosis in HCT116 human colon cancer cells through mitochondrial dysfunction. Mol. Cell. Biochem., 300(1-2), 227-237 (2007).
  • L. Yonekura, W. Tsuzuki, and A. Nagao: Acyl moieties modulate the effects of phospholipids on β-carotene uptake by Caco-2 cells. Lipids, 41(7), 629-636 (2006).

E. Kotake-Nara and A. Nagao, Effects of mixed micellar lipids on the carotenoid uptake by human intestinal Caco-2 Cells. Biosci. Biotechnol. Biochem., in press (2012)

 

I. Jaswir, M. Kobayashi, T. Koyama, E. Kotake-Nara, and A. Nagao,Antioxidant behaviour of carotenoids highly accumulated in HepG2 cells. Food Chemistry,132 (2),865-872 (2012)