食品総合研究所

上席研究員

役割

食品の加工には微生物や微生物酵素の利用が重要な役割を果たしています。これらの有用な微生物・酵素の特性を解明するとともに、さまざまな手法によって改良することについて研究を行っています。

 

主な研究テーマ

  1. 有用微生物の分離とその特性解明
  2. 有用オリゴ糖(DFAIII)合成酵素の遺伝子のクローン化
  3. 新しい食品素材となるオリゴ糖合成酵素生産菌の分離
    有用酵素の特性解明と遺伝子のクローン化
  4. オリゴ糖(DFAIIIor DFAI)の化学構造

メンバー

上席研究員
原口和朋 (はらぐち かずとも)/ 応用微生物学、酵素学

 

主要成果

  • K. Haraguchi, Inulin fructotransferase (DFA III-producing) from Arthrobacter ureafaciens D13-3. , Carbohydrate Polymers, 82, 742-746, 2010.
  • K. Haraguchi et al., Inulin fructotransferase (DFA III-producing) from Leifsonia sp. T88-4,
    Carbohydrate polymers, 66, 75-80, 2006.
  • K. Haraguchi et al., Thermostable inulin fructotransferase (DFA III-producing) from Arthrobacter sp. L68-1., Carbohydrate Polymers, 59, 411-416, 2005.