食品総合研究所

食品分析研究領域

新しい分析・評価法の開発

食品分析研究領域長 亀山 眞由美(Mayumi KAMEYAMA)

食品分析研究領域長化学機器分析センターに設置されている核磁気共鳴測定装置や質量分析装置を中心に、高性能機器を用いて食品分析法の開発、食品成分の構造・状態の解明、スペクトル解析による品質評価法の開発、近赤外法等による食品・生体計測技術の開発、遺伝組換え農産物の検知解析法の開発、サンプリング法及び分析法の統計学に基づく解析に関する研究を行っています。また、食品分析の国際化に対応するために、試験室間共同試験による分析法の妥当性確認の推進、技能試験への参加を行い、食品分析の基盤構築として標準物質の作製・配付、技能試験の供給を図っています。日本食品標準成分表のフォローアップ・改訂にも参画しています。

 

研究領域背景

天然物中の有効成分の単離・同定
分子間相互作用の解析
NMRイメージングによる可視化及び成分動態の解析
非破壊評価による簡易迅速な検査法の開発
加熱によって生成する有害成分の測定及びモニタリング
無機元素組成による産地判別法の開発
新規GM農産物の検知・定量法の開発
適切なサンプリング法の提案
認証標準物質の作製と配付
技能試験の供給

 

研究課題

  • 汚染実態の把握に資する分析データの信頼性確保システムの確立及びリスク分析のための情報の収集・解析
  • 高性能機器及び生体情報等を活用した食品評価技術の開発
  • 流通・消費段階における情報活用技術及び品質保証技術の開発

主な研究成果

所属ユニット