食品総合研究所

食品バイオテクノロジー研究領域

バイテクを利用した食品素材関連技術

食品バイオテクノロジー研究領域長 長嶋 等(Hitoshi NAGASHIMA)

生物のもつさまざまな機能を食に生かすには、生物の仕組み、細胞の働き、分子の構造や機能などを知る必要があります。当領域では最新の遺伝子工学・バイオテクノロジーを駆使して、食にかかわる種々の生物機能を解明するとともに、生物資源や食糧資源をより有効に活用するための基礎研究を行っています。具体的には、リボゾームタンパク質、酵素などの構造や遺伝子を解析し、効率良く働くように変える研究、有用酵素の検索と分子構造の解明および機能改良に関する研究、生物が持つ物質変換機能や情報認識機構のような多様な機能を生化学的に解析する研究など、研究対象は微生物、植物、動物と多岐に渡ります。

 

研究領域背景

最新ゲノム情報等を活かして

世界をリードする食品及び関連素材を開発するため、生物の持つ特異な分子認識・代謝機能を解明しています。微生物の機能を飛躍的に高めるリボゾーム工学、果実の成熟と関係する遺伝子とその発現制御に関する研究、X線結晶解析などを用いて酵素の分子構造と働きの関係を分子レベルでとらえる研究など、先進的な研究に取り組んでいます。

遺伝子工学、代謝工学、酵素工学等を活用して

設計された機能分子(糖鎖、受容体など)を用いて食品の機能性、安全性に関連する生体分子相互作用評価技術の開発を目指しています。

微生物、動・植物細胞で得られた

基礎研究の成果をもとに、食品に関連する有用な酵素などの機能分子や、嗜好性や機能性が優れた食品及び画期的な機能を有する機能性オリゴ糖、ペプチド等の次世代新食品関連素材の生産技術の開発に取り組んでいます。

 

研究課題

  • バイオテクノロジーを利用した新食品素材の生産技術の開発及び生物機能の解明・利用
  • 農産物・食品の流通の合理化と適正化を支える技術の開発
  • 未利用バイオマス及び資源作物を原料とした低コスト・高効率バイオエタノール変換技術の開発

主な研究成果

所属ユニット