遺伝資源センター

長い農業の歴史の中で、多様な生物の中からより良い特性を持つものが選び出され、それらを用いて品種改良が進められてきました。技術が高度化した現在でも、研究開発に用いる素材として遺伝資源の重要性は増すばかりです。遺伝資源センターでは、生物遺伝資源を国内外から収集・受入して増殖・保存し、来歴や特性情報を整備して、食料・農業分野の研究開発のために広く提供する農業生物資源ジーンバンク事業を実施しています。さらに、保存遺伝資源の多様性や保存方法を研究し、確かな遺伝資源と詳細な情報の提供にも取り組みます。現在、植物約22万5千点、微生物約3万2千点、動物約1千9百点の遺伝資源を保存しています。

コンテンツ

法人番号 7050005005207