遺伝資源センター

植物多様性活用チーム

Vigna属には、乾燥や塩害、冠水に強い種や、芋を作る種など、多様な種があります。

植物多様性活用チームは、他機関と協力してジーンバンク事業植物部門の事業を進める傍ら、植物遺伝資源に関わる研究を行っています。
ジーンバンク事業としては、国内外の植物遺伝資源の調査や収集、保存系統の増殖や特性評価を行っています。また、利用者が利用しやすい多様性解析用品種セットとして、コアコレクションや系統内に遺伝的なばらつきが少ない一粒由来系統の選定・増殖を進めるとともに、遺伝子型情報や類縁関係、特性情報等を付加し、ジーンバンクの配布系統に関する情報の高度化を進めています。
研究では、進化や栽培化によって生み出された植物の多様性を研究対象とし、多様な遺伝資源の調査・収集、保全を行うとともに、多様性をもたらしている遺伝子を解明し、育種に活用できる知識を得ることを目標にしています。現在の研究対象は、栽培・野生アズキ類、栽培・野生ダイズ、栽培・野生イネ、栽培ソルガムです。最近の研究トピックとしては、植物が多様な手段で耐乾性や耐塩性などのストレスに対する耐性を獲得してきた様子をアズキの近縁野生種を使って明らかにしようとしています。


メンバー

法人番号 7050005005207