動物衛生研究部門

ウイルス・疫学研究領域

全ゲノム解析によると近年日本で流行した豚流行性下痢ウイルスは世界的に流行した2つのタイプに含まれる

ウイルス・疫学研究領域では牛、豚、鶏などのウイルス感染症について、感染・発病メカニズムに関する研究や対策に必要な検査法や予防方法の開発を行っています。また、野外で問題となる家畜疾病の疫学に関する研究も実施しています。

日本はこれまでに多くの家畜疾病のコントロールに成功してきましたが、依然としてウイルスや細菌を原因とする家畜の感染症が問題となっています。特に、ウイルスは伝播力が強く、抗生物質などが効かないために、一度発生すると多くの動物が感染し、被害も大きくなる傾向があります。これらのウイルス感染症から動物を守るためには、原因ウイルスの病原性、増殖、伝播に関するメカニズムや感染した動物の免疫応答や発病機構などの詳細を明らかにし、原因ウイルスの特性に応じた対策を講じることが必要です。また、感染した動物を確実に摘発できる検査技術の開発や被害の低減に効果があるワクチンの開発も重要です。当研究領域では、これらの目的を達成するために、将来の新技術を見据えた基礎的な研究から、野外実践可能な応用的な研究まで幅広い研究を進めています。

また、家畜疾病に対する総合的な対策を行うためには、動物個体のみならず、農場や地域を対象として疾病の発生状況や対策の効果を詳細に解析し、疾病発生のリスク要因や対策の有効性を明らかにする必要があります。このため、当領域の疫学研究を専門とするユニットが、さまざまな手法やツールを用いて家畜疾病の疫学解析を実施し、疾病対策の提案を行っています。


領域長

筒井 俊之(つつい としゆき)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207