動物衛生研究部門

越境性感染症研究領域

動物衛生高度研究施設(つくば:右)、特殊実験棟(小平:左上)、アルボウイルス研究棟(鹿児島:左下

当研究領域では、国境を超えて伝播する感染症について、つくば・小平(海外病研究拠点)・鹿児島(九州研究拠点)の3つの拠点でそれぞれの拠点の特徴を生かした課題に取り組んでいます。

つくばでは、動物インフルエンザウイルスの病原性、伝播性に関する分子生物学的基盤の解明、遺伝的・抗原的特性の解析とそれらを活用した診断法や新規ワクチンの開発に取り組んでいます。また、日本医療研究開発機構(AMED)による感染症研究国際展開戦略プログラム(J-GRID)に参画し、タイやベトナム等海外の研究機関との豚、鳥インフルエンザの共同研究も積極的に行っています。更に、プリオン感染動物における病態解析や生体内・試験管内で生成されたプリオンの特性解析、及び高感度迅速なプリオン検出法や効果的なプリオン不活化技術の開発を行っています。各種動物のプリオンタンパク質を発現する遺伝子改変マウスの実験では、プリオン伝達における「種の壁」の解明に取り組んでいます。

海外病研究拠点では、口蹄疫を中心とした国際重要伝染病について、その侵入・蔓延防止及び清浄化技術の開発に取り組み、国際標準法よりも高感度で口蹄疫ウイルスを検出できる抗原検出法の開発などを手掛けています。

九州研究拠点では、西南暖地及び亜熱帯地域におけるアルボウイルス関連疾病に関する診断と防除法の開発・研究に取り組み、牛異常産に関連するオルソブニヤウイルス(アカバネウイルスを含むウイルス属)を広範に検出可能な遺伝子診断系(リアルタイムRT-PCR法)を開発しました。


領域長

西藤 岳彦(さいとう たけひこ)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207