動物衛生研究部門

病態研究領域

ヨーネ病罹患牛の回腸の病理組織像。回腸粘膜に浸潤した類上皮細胞に赤く染まる多数のヨーネ菌が観察される。

家畜の疾病は、大きく、病原体が感染することによって起こる感染症と、病原体が関わらない非感染症に分けられます。感染症の中には、通常ではほとんど病気を起こさないような病原体が家畜の健康状態の低下によって病気を引き起こす日和見感染症等もあります。また、産業動物である家畜では、その生産性を追求するために起こる疾病、すなわち牛乳生産に深くかかわる乳房炎や、高品質な肉の生産を目指すことによって起こる代謝障害、飼養環境変化等に起因する繁殖障害等、いわゆる生産病と呼ばれる疾病もあります。さらに、環境に存在する様々な毒性物質によって起こる中毒性の疾病も存在します。

これら疾病を診断する場合、たとえば感染症の場合には、ウイルスや細菌等の病原体を検出することによって行う診断方法と、感染した動物においてそれぞれの病原体に特異的な生体反応(病態)を調べることによる診断方法とがあります。病態研究領域では、生化学的手法や病理学的手法により生体側から解析することによって疾病を診断するとともに、その診断手法の高度化を検討し、罹患動物の病態を解明する研究を行っています。また、家畜の健康状態を把握するためのセンサー技術の開発や、粘膜ワクチンやサイトカインを用いた乳房炎の予防・治療に関する研究も行っています。

このように病態研究領域では、生体側からアプローチする研究により、安心・安全な畜産物の供給を目指しています。


領域長

佐藤 真澄(さとう ますみ)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207