動物衛生研究部門

牛海綿状脳症(BSE)

英国においてBSEを疑い殺処分されたが、BSEではなかった症例の病理検査成績

臨床的にBSEが疑われ、組織学的にBSEと診断されなかった牛の神経病理学的所見
Neuropathological findings in cattle with clinically suspect but histologically unconfirmed BSE.

MaCgill IS and Wells GAH, J. Comp. Pathol., 108, 241-260 (1993).

Table: 神経病理学的所見の概要(200頭)
Summary of neuropathological findings in 200 cattle.

病変所見
Lesion
例数
Numbers of brains
白質における巣状海綿状態
Focal spongiosis of white matter
46
脳幹部に限局した脳炎(リステリア症)
Encephalitis with brain stem localization(Listeriosis)
17
非化膿性脳炎/髄膜炎
Non-suppurative encephalitis/meningitis
7
腫瘍
Tumors 
5
化膿性血栓塞栓性脳炎
Suppurative thrombo-embolic encephalitis
4
肉芽腫性脊髄炎/脳炎/髄膜炎
Granulomatous myelitis/encephalitis/meningitis
4
大脳皮質壊死症/水腫
Cerebro-cortical necrosis/edema
4
化膿性髄膜脳炎
Suppurative meningoencephalitis
2
ミエロパシー(脊髄症)
Myelopathy
2
その他
Other
9
著変なし
No significant lesions
115
合計
Total
215

※巣状海綿状状態を示した牛の内15頭が他の所見も伴っていたため、総数が215例になった。

注釈:
1987~1989年に英国中央獣医学研究所においてBSEを臨床的に疑い殺処分されたが,組織学的にBSE陰性と診断された牛の神経病理学的所見。当時は主に病理学的検査において確定診断が行われていた。本報告はBSEと診断されなかった牛の中から無作為に選ばれた200頭についての成績である。なお,英国国内では1989年までに,約1万頭のBSEが確認されている(OIE)。

スコットランドでBSEの診断に供された脳の神経病理学的研究
A neuropathological survey of brains submitted under the BSE orders in Scotland.

Jeffrey M, Vet Rec 131, 332-337 (1992).

Table: 225頭のBSE陰性牛の脳の病理学組織像
Histopathological features of 225 cow brains negative for BSE.

病理組織学的所見
Histopathological findings
例数
Numbers of brains
著変なし
No significant lesions
97
黒質の空胞変性
Vacuolation of Substantia nigra
47
ウイルス、細菌または真菌による脳炎
Encephalitis of viral, bacterial or mycotic origin
37
慢性非化膿性髄膜脳炎
Chronic Non-suppurative meningoencephalitis
24
脳幹部の神経細胞の変性/海馬の萎縮
Brainstem neuronal degeneration/hippocampal atrophy
22
腫瘍
Neoplasia
 4
大脳皮質壊死症
Cerebro-cortical necrosis
 3
白質脳症
Leucoencephalopathy
 3
両側性対称性脳軟化
Bilateral symmetrical encephalomalacia
 2
髄膜の血管腫症
Meningo-angiomatosis
 1
第一頚髄のミエロパシー(脊髄症)
Focal myelopathy of spinal cord segment C1
 1
広汎な白質の空胞変性
Generalised vacuolation of white matter
 1
合計
Total
242

注釈:スコットランドでBSEの診断に供された829頭からの成績である。

協力:中谷英嗣(山口県中部家畜保健衛生所)、小桜利恵(富山県西部家畜保健衛生所)