動物衛生研究所

産学官交流の広場

特許取得情報及び特許・ライセンスの利用について

動物衛生研究所の知的財産・研究試料等について

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構(以下「農研機構」という。)の 研究所における特許権等の知的財産は農研機構本部で一括管理されております。動物衛生研究所の知的財産についての情報は動物衛生研究所の特許一覧をご覧下さい。

また、以下の国際特許出願を利用した共同研究やライセンスについてご興味のある方は、ホームページ下欄の「お問い合わせ」までご連絡下さい。

Please contact us using Mail form if you are interested in the joint research or licensing the following international patent application.
Mail form

発明の名称:鳥インフルエンザに対する点眼ワクチン
Title: EYE-DROP-TYPE VACCINE FOR AVIAN INFLUENZA

国名:PCT出願
出願番号:PCT/JP2012/063604
International application No.: PCT/JP2012/063604
International filing date: 28.05.2012
Priority date: 20.06.2011
発明者:彦野 弘一、真瀬 昌司、西藤 岳彦
Inventor: HIKONO Hirokazu, MASE Masaji, SAITO Takehiko
出願人:(独)農業・食品産業技術総合研究機構
Applicant: National Agriculture and Food Research Organization(NARO)

要約: 本発明は、家禽における不活化ワクチンを用いた鳥インフルエンザの予防方法において、(通常の鳥インフルエンザの不活化ワクチンの接種には必須である)オイルアジュバントを併用しなくても強い免疫を付与することができ、且つ、注射針を用いた投与法でなく、且つ、多頭羽に迅速に投与が可能となる方法、を開発することを目的とする。
本発明は、家禽に対して、不活化した鳥インフルエンザウイルスを抗原として含み、且つ、オイルアジュバントを含まない不活化ワクチン、を点眼投与することを特徴とする、家禽における鳥インフルエンザの予防方法を提供する。

Abstract: The purpose of the present invention is to develop a method for preventing avian infuluenza in poultry using an inactivated vaccine, whereby it becomes possible to impart potent immunity without the need of the combined use of any oil adjuvant(which is essential for the vaccination of conventional inactivated vaccines for avian influenza), and it also becomes possible for the inactivated vaccine to be administered to many poultry rapidly without the need of using any injection needle. The present invention provides a method for preventing avian infuluenza in poultry, characterized by comprising administering an inactivated vaccine that contains an inactivated avian infulenza virus as an antigen and does not contain any oil adjuvant to the poultry by means of the instillation into eyes of the poultry.

全文(PDF) Full text(PDF)