動物衛生研究部門

高病原性PRRSに関する情報

高病原性PRRSに関する情報

掲載日: 2010年12月8日

はじめに

2006年、中国において‘Pig high fever disease’と呼ばれる高致死率の豚疾病が発生し、200万頭以上が感染、40万頭以上が死亡したと報告された。当該発病豚より共通して豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)ウイルスが分離され、従来の育成・肥育豚の呼吸器病や母豚に死流産などの繁殖障害を主徴とするPRRSとは異なり、離乳豚、育成・肥育豚、母豚、雄豚のどのステージにあっても高致死率を示すことから、高病原性PRRS(Highly Pathogenic PRRS)と呼ばれるようになった。

疫学

高病原性PRRSは、2006年に中国の10省以上に認められ、200万頭以上が感染、40万頭以上が死亡した1,2)。2007年までに中国全土で発生が認められている3)。2007年にはベトナムにおいても流行が見られ3)、2008年においては3ヶ月間でおよそ30万頭の豚が失われた4)。また、フィリピンでもその発生が報告された4)。ベトナムでは、この高病原性PRRSが2010年にも流行し、隣国であるカンボジア、ラオスでも発生が報告されている。我が国では、確認されていない。

写真
発症豚の殺処分(ベトナムDAH, NCVDより提供)

病原ウイルス

PRRSウイルスは、約15.1~15.4 kbのプラス一本鎖RNAゲノムを持ち、相同性が約60%の遺伝学的に異なるgenotype 1(欧州型)とgenotype 2(北米型)の二つに分類され、両型どちらにおいても遺伝学的および抗原学的に多様性が認められる。高病原性PRRSウイルスはgenotype 2に属し、遺伝学的にほぼ同一の株が発病豚から検出される。遺伝学的な特徴として、非構造タンパク質であるNSP2に共通してアミノ酸30個の欠損が認められることが上げられる2)

臨床症状と病変

発症豚は、耳介、口、鼻、背部および大腿部内側に、発赤、点状出血、紅斑性発疹が認められ、その他、高熱(40-42°C)、沈うつ、食欲不振、咳、呼吸困難、跛行、震えおよび下痢が認められる。罹患豚の症状の進行は5~20日の幅があり、3~5日で農場内のほとんどの豚が罹患する。罹患率は50~100%、死亡率は20~100%に達する。肥育豚にも死亡が認められる。死亡豚の解剖では、出血と水腫を含む肺炎、脾臓の梗塞、胆嚢の拡張、腎臓の点状出血、その他、心筋、肝臓、大脳、リンパ節、関節に病変が認められる。

写真
発症豚(ベトナムDAH, NCVDより提供)

写真
発症豚(ベトナムDAH, NCVDより提供)

写真
発症豚の肺炎
(ベトナムDAH, NCVDより提供)

写真
発症豚の腎臓の点状出血
(ベトナムDAH, NCVDより提供)

診断法

NSP2にアミノ酸30個の欠損があることから、発生国では、この部位を含むプライマーを設計し、高病原性PRRSウイルスを検出する方法が用いられている6-10)。

我が国での対応

類似疾病が発生した場合は、最寄りの家畜保健衛生所に連絡する。豚コレラとの類症鑑別とウイルスの同定を行う。

参考文献

  • Tong GZ, Zhou YJ, Hao XF, Tian ZJ, An TQ, Qiu HJ; Highly pathogenic porcine reproductive and respiratory syndrome, China. Emerg Infect Dis. 2007 Sep;13(9):1434-1436.
  • Tian K, Yu X, Zhao T, Feng Y, Cao Z, Wang C, Hu Y, Chen X, Hu D, Tian X, Liu D, Zhang S, Deng X, Ding Y, Yang L, Zhang Y, Xiao H, Qiao M, Wang B, Hou L, Wang X, Yang X, Kang L, Sun M, Jin P, Wang S, Kitamura Y, Yan J, Gao GF.; Emergence of fatal PRRSV variants: unparalleled outbreaks of atypical PRRS in China and molecular dissection of the unique hallmark. PLoS One. 2007 Jun 13;2(6):e526.
  • Youjun Feng, Tiezhu Zhao, Tung Nguyen, Ken Inui, Ying Ma, Thi Hoa Nguyen, Van Cam Nguyen, Di Liu, Quang Anh Bui, Long Thanh To, Chuanbin Wang, Kegong Tian, and George F. Gao, Porcine Respiratory and Reproductive Syndrome Virus Variants, Vietnam and China, 2007. Emerg Infect Dis. 2008 November; 14(11): 1774-1776.
  • OIE regional PRRS meeting, Sep.2008
    http://www.rr-asia.oie.int/representation/programmes/programme_c/workshops_004.html
  • Longtao Y., Review of PRRS in China, Proceedings of the 4th congress of Asian Pig Veterinary Society, p72.
  • Chen NH, Chen XZ, Hu DM, Yu XL, Wang LL, Han W, Wu JJ, Cao Z, Wang CB, Zhang Q, Wang BY, Tian KG. Rapid differential detection of classical and highly pathogenic North American Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome virus in China by a duplex real-time RT-PCR. J Virol Methods. 2009;161(2):192-198.
  • Wu J, Li J, Tian F, Ren S, Yu M, Chen J, Lan Z, Zhang X, Yoo D, Wang J. Genetic variation and pathogenicity of highly virulent porcine reproductive and respiratory syndrome virus emerging in China. Arch Virol. 2009;154(10):1589-1597.
  • Hu H, Li X, Zhang Z, Shuai J, Chen N, Liu G, Fang W. Porcine reproductive and respiratory syndrome viruses predominant in southeastern China from 2004 to 2007 were from a common source and underwent further divergence. Arch Virol. 2009;154(3):391-398.
  • Feng Y, Zhao T, Nguyen T, Inui K, Ma Y, Nguyen TH, Nguyen VC, Liu D, Bui QA, To LT, Wang C, Tian K, Gao GF. Porcine respiratory and reproductive syndrome virus variants, Vietnam and China, 2007. Emerg Infect Dis. 2008;14(11):1774-1776.
  • Xiao XL, Wu H, Yu YG, Cheng BZ, Yang XQ, Chen G, Liu DM, Li XF. Rapid detection of a highly virulent Chinese-type isolate of Porcine Reproductive and Respiratory Syndrome Virus by real-time reverse transcriptase PCR. J Virol Methods. 2008 Apr;149(1):49-55.