動物衛生研究部門

05:ウイルス・疫学研究領域

ウイルス・疫学研究領域では

ウイルス・疫学研究領域では、動物ウイルス学及び獣医疫学を基盤とした家畜・家きんの重要疾病及び人獣共通感染症の防除及び予防に係る試験研究並びに病性鑑定に関する業務を行います。すなわち、病原体の伝播・存続様式の解明に基づく感染環の遮断方法を開発するとともに、効果的なワクチンや薬剤の開発につながる分子の解析を行い、家畜生産現場で応用可能な効果的な疾病防除技術を開発します。また、疫学分野においては家畜疾病の発生要因解析、リスク分析、経済評価等を実施します。

主な研究対象

我が国の牛白血病の流行状況と感染伝播リスクの解明

近年急激な発生増加がみられる地方病性牛白血病の原因ウイルスである牛白血病ウイルス感染牛の全国調査を行い、現在の我が国における流行状況を明らかにします。併せて農場における飼養管理状況を調査し、感染を拡大するリスク要因を明らかにして、ウイルスの流行を制御できる飼養管理方法を策定します。

近年の牛白血病の発生頭数

家畜疾病の発生要因解析:家畜疾病の発生要因を解析し防除対策に役立てる

口蹄疫、BSE、高病原性鳥インフルエンザなどの家畜重要疾病の発生状況を調査・分析し、発生・流行要因を解析しています。解析に用いる手法には、発生地域における調査、地理情報システムやモデルを用いた解析などがあり、これらの解析結果は、家畜疾病の予防・防疫対策の検討に用いられます。

家畜伝染病伝搬のネットワークモデルによる解析の例

主要研究成果