動物衛生研究部門

12:動物疾病対策センター

原著論文 | 総説・記事等 | 単行書 | 普及誌 | 特許等 |

原著論文

  • 小林秀樹: Salmonella Choleraesuis感染をスクリーニングするELISAの検討. All About Swine. 2011, 37/38, p.24-26.
  • Hiroya Ito: Development of a cps-based multiplex PCR for typing of Actinobacillus pleuropneumoniae serotypes 1, 2 and 5. Journal of Veterinary Medical Science. 2010, 72(5), p.653-655.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.118」 p.88)
  • Jiro Hirota, Hideki Nishi, Hiroshi Matsuda, Hiroshi Tsunemitsu, Shinya Shimizu: Cross-reactivity of Japanese encephalitis virus-vaccinated horse sera in serodiagnosis of West Nile virus. Journal of Veterinary Medical Science. 2010, 72(3), p.369-372.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.117」 p.87-88)
  • Kikuyasu Nakamura, Mitsuru Ito, Koji Fujino, Yu Yamamoto, Masaji Mase, Manabu Yamada, Hideki Kobayashi, Tadato Harada: Pathology and microbiology of dermal squamous cell carcinoma in young brown chickens reared on reused litter. Avian Diseases. 2010, 54(3), p.1120-1124.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.118」 p.94)
  • Takehiro Kokuho, Yuji Yasukochi, Satoko Watanabe, Shigeki Inumaru: Molecular cloning and expression profile analysis of a novel β-D-N-acetylhexosaminidase of domestic silkworm (Bombyx mori). Genes to Cells. 2010, 15(5), p.525-536.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.118」 p.89-90)
  • 小林秀樹: 牛・豚由来マイコプラズマのマクロライド耐性機構と耐性株の現状. 動物用抗菌剤研究会報. 2010, 32, p.25-31.
  • Hideki Kobayashi, Mika Kanazaki, Eiji Hata, Masanori Kubo: Prevalence and characteristics of eae- and stx-positive strains of Escherichia coli from wild birds in the immediate environment of Tokyo Bay. Applied and Environmental Microbiology. 2009, 75(1), p.292-295.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.116」 p.85)
  • Hideki Kobayashi, Mika Kanazaki, Torata Ogawa, Sunao Iyoda, Yukiko Hara-Kudo: Changing prevalence of O-serogroups and antimicrobial susceptibility among STEC strains isolated from healty dairy cows over a decade in Japan between 1998 and 2007. Journal of Veterinary Medical Science. 2009, 71(3), p.363-366.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.116」 p.86)
  • Hiroshi Kamata, Koji Inai, Koji Maeda, Takuya Nishimura, Shoichi Arita, Tomoyuki Tsuda, Masumi Sato: Encephalomyelitis of cattle caused by Akabane virus in southern Japan in 2006. Journal of Comparative Pathology. 2009, 140(2-3), p.187-193.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.116」 p.84)
  • Ikuo Uchida, Ryoko Ishihara, Kiyoshi Tanaka, Eiji Hata, Sou-ichi Makino, Toru Kanno, Shinichi Hatama, Masato Kishima, Masato Akiba, Atsushi Watanabe, Takayuki Kubota: Salmonella enterica serotype Typhimurium DT104 ArtA-dependent modification of pertussis toxin-sensitive G proteins in the presence of [32P]NAD. Microbiology. 2009, 155(11), p.3710-3718.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.117」 p.103-104)
  • Sachie Saito, Takuya Nishimura, Hiroshi Kamata, Daisuke Takamatsu, Masumi Sato: Bovine stillbirth due to Nocardia farcinica. Journal of Veterinary Medical Science. 2009, 71(12), p.1665-1668.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.117」 p.100)
  • Shuji Ogawa, Yu Yamamoto, Manabu Yamada, Masaji Mase, Kikuyasu Nakamura: Pathology of whooper swans (Cygnus cygnus) infected with H5N1 avian influenza virus in Akita, Japan, in 2008. Journal of Veterinary Medical Science. 2009, 71(10), p.1377-1380.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.117」 p.97)
  • Yoshinori Tsuchiya, Junsuke Shirai, Shigeki Inumaru: Establishment of human lysozyme mass production system using insect factory, silkworm larvae. Japan Agricultural Research Quarterly. 2009, 43(3), p.207-212.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.117」 p.103)
  • Kikuyasu Nakamura, Naoko Ohtsu, Toshiki Nakamura, Yu Yamamoto, Manabu Yamada, Masaji Mase, Kunitoshi Imai: Pathologic and immunohistochemical studies of Newcastle disease (ND) in broiler chickens vaccinated with ND: severe nonpurulent encephalitis and necrotizing pancreatitis. Veterinary Pathology. 2008, 45(6), p.928-933.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.116」 p.90-91)
  • Kikuyasu Nakamura, Tadao Imada, Kunitoshi Imai, Yu Yamamoto, Nobuhiko Tanimura, Manabu Yamada, Masaji Mase, Kenji Tsukamoto and Shigeo Yamaguchi: Pathology of specific-pathogen-free chickens inoculated with H5N1 avian influenza viruses isolated in Japan in 2004. Avian Diseases. 2008, 52(1), p.8-13.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.115」 p.71)
  • 小林秀樹、金崎未香、秦 英司、西森 敬、江口正志: Mycoplasma hyopneumoniaeの薬剤感受性試験ならびにマクロライド耐性簡易スクリーニング法の開発. 動物衛生研究所研究報告. 2008, 114, p.1-7.
  • Hideki Kobayashi, Mika Kanazaki, Yuka Shimizu, Hiromi Nakajima, Mst. Minara Khatun, Eiji Hata, Masanori Kubo: Salmonella isolates from cloacal swabs and footpads of wild birds in the immediate environment of Tokyo bay. Journal of Veterinary Medical Science. 2007, 69(3), p.309-311.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.114」 p.109)
  • Kikuyasu Nakamura, Tomoko Higashi, Manabu Yamada, Kunitoshi Imai, Yu Yamamoto: Basophilic intracytoplasmic viral matrix inclusions distributed widely in layer hens affected with avian-leukosis-virus-associated tumours. Avian Pathology. 2007, 36(1), p.53-58.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.114」 p.114)
  • Yoshinori Tsuchiya, Kazuki Morioka, Kazuo Yoshida, Junsuke Shirai, Takehiro Kokuho, Shigeki Inumaru: Effect of N-terminal mutation of human lysozyme on enzymatic activity. Nucleic Acids Symposium Series. 2007, 51, p.465-466.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.115」 p.77)
  • 磯部 尚: 鶏マラリア. Journal of Animal Protozooses. 2007, 22(1), p.9-17.
  • 小林秀樹: 簡易LPS抽出キットを用いた豚サルモネラのELISA抗原調整と診断. All About Swine. 2007, 30, p.25-38.
  • 山田俊治: オーエスキー病防疫の現状と進め方. All About Swine. 2007, 30, p.6-13.
  • Akemi Kamakawa, Ho thi Viet Thu, Shunji Yamada: Epidemiological survey of viral diseases of pigs in the Mekong delta of Vietnam between 1999 and 2003. Veterinary Microbiology. 2006, 118(1-2), p.47-56.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.114」 p.107)
  • Kikuyasu Nakamura, Kazuo Waseda, Yu Yamamoto, Manabu Yamada, Muneo Nakazawa, Eiji Hata, Toshiaki Terazaki, Akio Enya, Tadao Imada, Kunitoshi Imai: Pathology of Cutaneous Fowlpox with Amyloidosis in Layer Hens Inoculated with Fowlpox Vaccine. Avian Diseases. 2006, 50(1), p.152-156.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.113」 p.76)
  • Pedro Banales, Manabu Yamada, Minoru Narita, Kameo Shimura, Kikuyasu Nakamura: Immunohistochemical Distribution of Protozoa in Experimental Porcine Toxoplasmosis. Japan Agricultural Research Quarterly. 2006, 40(1), p.79-83.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.113」 p.64)
  • Yoshinori Tsuchiya, Kazuki Morioka, Junsuke Shirai, Kazuo Yoshida, Shigeki Inumaru: Comparison of artificial synthesis methods of gene. Nucleic Acids Symposium Series. 2006, 50, p.275-276.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.114」 p.120)
  • 伊藤博哉、大崎慎人、内田郁夫、寺門誠致、関崎 勉: 豚胸膜肺炎菌の感染防御抗原及びその遺伝子を利用した型別について. 鹿児島県家畜診断研究会報. 2006, 73, p.9-12.
  • Hideki Kobayashi, Hiromi Nakajima, Yuka Shimizu, Masashi Eguchi, Eiji Hata, Koshi Yamamoto: Macrolides and lincomycin susceptibility of Mycoplasma hyorhinis and variable mutation of domain II and V in 23S ribosomal RNA. Journal of Veterinary Medical Science. 2005, 67(8), p.795-800.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.113」 p.71)
  • Yoshinori Tsuchiya, Kazuki Morioka, Jyunsuke Shirai, Kazuo Yoshida: Design of chicken lysozyme signal peptide for the effective secretion of recombinant protein in eukaryotes. Peptide Science 2004. 2005, p.557-560.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.113」 p.82)
  • Yoshinori Tsuchiya, Kazuki Morioka, Jyunsuke Shirai, Kazuo Yoshida: Gene design of signal sequence for the effective secretion of recombinant protein using insect cell. Nucleic Acids Symposium Series. 2005, 49(1), p.305-306.
    (和文要旨:「動物衛生研究所 研究報告 No.113」 p.82)
  • 小林秀樹: と畜場出荷豚における肺炎病変部由来病原細菌の現状. All About Swine. 2005, 27, p.13-17.

このページのトップへ戻る

学術誌に掲載された総説・記事等

  • 伊藤博哉: 最近における動物衛生研究情報(7) 莢膜合成遺伝子を標的にしたマルチプレックスPCRによる豚胸膜肺炎菌血清型1, 2及び5の型別. 日本獣医師会雑誌. 2011, 64(3), p.184-186.
  • Charles O. A. Omwandho, Takayuki Kubota: Salmonella enterica serovar Enteritidis: a mini-review of contamination routes and limitations to effective control. Japan Agricultural Research Quarterly. 2010, 44(1), p.7-16.
  • 中村菊保: 第16回世界獣医家禽学会(WVPA2009,モロッコ)に参加して. 鶏病研究会報. 2010, 46(2), p.120-124.
  • 中村菊保: 鶏の解剖術式. 鶏病研究会報. 2010, 46(1), p.38-39.
  • 中村菊保: 最近のトリアデノウイルスによる鶏の病態. 鶏病研究会報. 2010, 46(増刊号), p.9-14.
  • 中村菊保: 鶏の嚢胞性右卵管. 鶏病研究会報. 2009, 44(4), p.180.
  • Hiroya Ito: Development of typing methods of Actinobacillus pleuropneumoniae based on the antigenic and genetic diversity of the protective outer membrane lipoprotein. Japan Agricultural Research Quarterly. 2008, 42(4), p.261-266.
  • 中村菊保: 鶏の小脳軟化. 鶏病研究会報. 2008, 44(2), p.81.
  • 中村菊保: 鶏および人における強毒鳥インフルエンザウイルスと強毒ニューカッスル病ウイルス感染症の病理. 鶏病研究会報. 2008, 44(1), p.1-8.
  • 磯部 尚: 家禽の原虫感染症国際シンポジウムに参加して. 鶏病研究会報. 2007, 43(2), p.117-118.
  • 窪田宜之: 動物用ワクチン開発から見た牛用ワクチンの現状. 日本家畜臨床感染症研究会報. 2007, 2(2), p.7-15.
  • 中村菊保、中村理樹、山本 佑、今井邦俊、山田 学: ニューカッスル病ウイルスの免疫組織学的検出法の検討. 鶏病研究会報. 2007, 43(2), p.97-101.
  • 中村菊保、佐藤勝哉: レースバトにおけるクラミジアによる心外膜炎. 鶏病研究会報. 2007, 43(2), p.121.
  • Hiroya Ito: Development of new typing methods of Actinobacillus pleuropneumoniae based on the genetic diversity of outer membrane lipoprotein. Japanese Journal of Veterinary Research. 2006, 54(2-3), p.141-143.
  • 小林秀樹: 豚の浮腫病 -古くて新しい病気-. All About Swine. 2006, 28, p.16-22.
  • 中村菊保: ハトのファブリキウス嚢における好塩基性細胞質内封入体を伴うリンパ球減少. 鶏病研究会報. 2006, 42(1), p.47.
  • 中村菊保: ウズラの脾臓アミロイド症. 鶏病研究会報. 2006, 42(1), p.46.
  • 清水眞也、広田次郎、豊田勇夫、有島太一、後藤義之: ブルータングゲル内沈降反応におけるイバラキウイルス感染牛血清の類属反応の発生頻度とブルータング特異的競合ELISAの有用性. 動物衛生研究所研究報告. 2006, 112, p.33-38.
  • 磯部 尚: 科学写真についての独り言. つくば科学写真研究会会報. 2005, 14(4), p.2-6.
  • 中村菊保: エンテロコッカスに関連した脳軟化. 鶏病研究会報. 2005, 41(2), p.122.
  • 中村菊保: 採卵用成鶏肉垂皮下の粘液腫. 鶏病研究会報. 2005, 41(1), p.58.
  • 中村菊保: 採卵用成鶏趾関節部の痛風. 鶏病研究会報. 2005, 41(1), p.59.
  • 中村菊保: 脊髄神経細胞の中心性色質融解. 鶏病研究会報. 2005, 41(2), p.123.

このページのトップへ戻る

単行書

  • 窪田宜之: ヘルパーT細胞と抗原に対するそれらの反応. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.100-110.
  • 窪田宜之: 細菌およびその関連物質に関する獲得免疫. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.259-266.
  • 窪田宜之: T細胞の機能と細胞への侵入生物の破壊. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.188-198.
  • 窪田宜之: ワクチンとその製法. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.236-247.
  • 山田俊治: IV型過敏症:遅延型過敏症. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.326-333.
  • 山田俊治: 移植臓器の拒絶. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.334-344.
  • 山田俊治: 免疫診断法. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.173-186.
  • 山田俊治: ワクチン接種. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.248-258.
  • 山田俊治: ウイルスに対する獲得免疫. イラストでみる獣医免疫学(インターズー). 2011, p.267-278.
  • 小林秀樹、山本孝史: 豚の垂直流通と感染防止. ハイヘルス養豚への挑戦(アニマル・メディア社). 2010, p.75-77.
  • 山田俊治: ウイルス病の変遷. ハイヘルス養豚への挑戦(アニマル・メディア社). 2010, p.32-42.
  • 山田俊治: 今後の防疫と研究の展望. 豚コレラ防疫史(全国家畜畜産物衛生指導協会:畜産技術協会). 2009, p.167-176.
  • 磯部 尚: 家禽の原虫. 微生物の事典(朝倉書店). 2008, p.239-240.
  • 山田俊治: 豚コレラウイルス. 微生物の事典(朝倉書店). 2008, p.222-223.
  • 石川 整: ボルデテラ. 獣医感染症カラーアトラス 第2版(文永堂出版). 2006, p.89.
  • 石川 整: 豚萎縮性鼻炎. 獣医感染症カラーアトラス 第2版(文永堂出版).
  • 石川 整: 豚胸膜肺炎. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.191-192.
  • 石川 整: 犬・猫のボルデテラ症. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.244.
  • 石川 整: 萎縮性鼻炎. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.187-188.
  • 2006, p.90-92.
  • 磯部 尚: 鶏のロイコチトゾーン病. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.227-228.
  • 磯部 尚: 鶏のロイコチトゾーン病. 獣医感染症カラーアトラス 第2版(文永堂出版). 2006, p.567-568.
  • 磯部 尚: ロイコチトゾーン. 獣医感染症カラーアトラス 第2版(文永堂出版). 2006, p.565-566.
  • 磯部 尚: ロイコチトゾーン病. 鳥の病気 第6版(鶏病研究会). 2006, p.114-117.
  • 小林秀樹: 伝染性無乳症. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.158-159.
  • 小林秀樹: 牛肺疫. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.138.
  • 小林秀樹: 牛のマイコプラズマ肺炎. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.139.
  • 小林秀樹: 牛のマイコプラズマ乳房炎. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.140.
  • 小林秀樹: 山羊伝染性胸膜肺炎. 動物の感染症 第二版(近代出版社). 2006, p.158.
  • 磯部 尚: 寄生虫検査. 家畜共済における臨床病理検査要領(全国農業共済協会). 2005, p.265-287.
  • 磯部 尚: 寄生虫検査 器具機械等便覧. 家畜共済における臨床病理検査要領(全国農業共済協会). 2005, p.703.

このページのトップへ戻る

普及誌

  • 山田俊治: 豚コレラの発生状況. 養豚の友(日本畜産振興会). 2011, 504, p.25-29.
  • 伊藤博哉: Actinobacillus pleuropneumoniaeの生物型及び血清型について. All about SWINE(日本SPF豚研究会). 2010, 36, p.2-9.
  • 小林秀樹: 野鳥の保有するサルモネラと病原性大腸菌. 畜産技術(畜産技術協会). 2010, 656, p.22-26.
  • 小泉伸夫: リカ先生の10分サイエンス(26) 鳥にも人にも安全なバードウォッチングを考える. RikaTan(SAMA企画). 2010, 4(2), p.82-85.
  • 窪田宜之: 乳牛の疾病・予防・治療・看護療法. 畜産技術(畜産技術協会). 2010, 665, p.59.
  • 佐藤真澄: 動物の感染症. DairyJapan(デーリィー・ジャパン社). 2010, 55(1), p.29.
  • 佐藤真澄: 動物の感染症から学ぶ はじめに. 医学のあゆみ(医歯学出版). 2010, 234(3), p.237.
  • 伊藤博哉: APVS2009座長レポート ワークショップ(7) 細菌性肺炎. Pig Journal(アニマル・メディア社). 2009, 12(12), p.29-31.
  • 小林秀樹: APVS2009座長レポート ワークショップ(4) 食品安全-養豚農場におけるサルモネラと病原性大腸菌の診断と予防-. Pig Journal(アニマル・メディア社). 2009, 12(12), p.26.
  • 佐藤真澄: 豚インフルエンザ. 畜産技術(畜産技術協会). 2009, 651, p.37.
  • 佐藤真澄、古林与志安、和田好洋、五十嵐隆雄、播谷 亮、木村久美子、上塚浩司: 産業動物分野における獣医病理学. 日本獣医病理学会/日本獣医病理学専門家協会会報. 2009, 2009年10月号, p.2-9.
  • 小林秀樹: 豚マイコプラズマ肺炎の特徴(特集マイコ対策でサーコを抑える!). 月刊養豚界(チクサン出版社). 2008, 43(4), p.25-27.
  • 小林秀樹: 養豚農場におけるサルモネラ検査法と汚染の低減化. 感染症検査実習マニュアル(日本獣医師会). 2008, p.49-64.
  • 國保健浩: サイトカイン. 畜産技術(畜産技術協会). 2008, 642, p.38.
  • 窪田宜之: 減投薬を可能にするドラッグデリバリーシステムの利用技術の開発. 畜産技術(畜産技術協会). 2008, 638, p.8-13.
  • 中村菊保: 鶏の脳軟化症の病態. 獣医畜産新報(文永堂出版). 2008, 61(12), p.1010-1012.
  • 山田俊治: オーエスキー病清浄化の進展状況. 畜産技術(畜産技術協会). 2008, 636, p.24-29.
  • 山田俊治: 肉豚におけるオーエスキー病の検査方法. 感染症検査実習マニュアル(日本獣医師会). 2008, p.9-19.
  • 小泉伸夫: 危機管理のための家畜伝染病発生地図表示システム. 獣医畜産新報(文永堂出版). 2007, 60(12), p.1044.
  • 中村菊保: 採卵用成鶏における全身性アミロイド沈着のみられた皮膚型鶏痘. 養鶏の友(日本畜産振興会). 2007, 548, p.22-24.
  • 清水眞也、広田次郎: モノクロ-ナル抗体の迅速・簡便なペルオキシダーゼ標. 検査と技術(医学書院). 2007, 35(2), p.3-8.
  • 山田俊治: 肉豚におけるオーエスキー病の検査法. HACCP実地講習会参考資料(社団法人日本獣医師会). 2007.
  • 小林秀樹: 子豚の肺炎:免疫と関与する病原体. 養豚の友(日本畜産振興会). 2006, 451, p.40-44.
  • 小林秀樹: 子供が命を学べる養豚と籾殻の活用を想う. Pig Journal(アニマル・メディア社). 2006, 9(7), p.154.
  • 小泉伸夫、西口明子、佐藤国雄: 危機管理型伝染病発生地図表示システムの改良. 家畜衛生週報(農林水産省消費・安全局). 2006, 2897, p.102-103.
  • 山田俊治: 繁殖障害を引き起こす疾病とその対策1 オーエスキー病. 臨床獣医(チクサン出版社). 2006, 24(9), p.28-33.
  • 山田俊治: ワクチン中止後の診断監視体制と農場防疫. Pig Journal(アニマル・メディア社). 2006, 9(4), p.56-64.
  • 山田俊治: 養豚人100人のチャレンジ「海外病対策の基本は、生産性改善目指す国内病対策」. Pig Journal(アニマル・メディア社). 2006, 9(7), p.110.
  • 小林秀樹: 第2回APVS会議に参加して. 月刊養豚界(チクサン出版社). 2005, 40(11), p.36-38.
  • 小林秀樹: 総論 豚の呼吸器疾患-近年の傾向-. 臨床獣医(チクサン出版社). 2005, 23(12), p.10-13.
  • 小泉伸夫: 危機管理のための伝染病発生地図表示システムの開発. 畜産技術(畜産技術協会). 2005, 604, p.11-14.

このページのトップへ戻る

特許等

  • 中村菊保、山田 学、廣田好和: 昆虫抗微生物タンパク質改変ペプチド、およびその利用. 特開2007-284421. 2007-11-01.