生物機能利用研究部門

遺伝子組換え作物の栽培実験

平成30年度遺伝子組換えイネ(複合病害抵抗性イネ)の生育状況(9月5日現在)
(農研機構観音台第7事業場隔離ほ場)

平成30年2月27日(火曜日)に栽培実験計画書を公表し、3月20日(火曜日)に説明会を開催した遺伝子組換えイネ(複合病害抵抗性イネ)について、4月24日(火曜日)に隔離ほ場において田植えを行い第一種使用等(※1)による栽培を開始しました。また、5月31日(木曜日)には、隔離ほ場内畑ほ場において畑晩播検定(※2)のための種蒔きを行いました。9月5日(水曜日)現在の生育状況をお知らせします。
なお、畑晩播検定のための栽培は、8月1日(水曜日)に鋤込みによる不活化処理を行い終了しました。また、花粉飛散調査のためのモニタリング用モチイネは8月14日(火曜日)に回収しました。
栽培実験の詳細は栽培実験計画書をご覧下さい。

※1 第一種使用等:「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」に基づいた開放系(本実験では隔離ほ場)での使用

※2 畑晩播検定:畑地に肥料を多めに投入し、そこに高密度でイネ籾を直播・栽培するといもち病(葉いもち)が出やすくなることを利用した耐病性検定法。


(9月5日現在の枠水田の様子)
*枠水田の周囲は防鳥網を設置しています。


(9月5日現在のイネの様子その1)


(9月5日現在のイネの様子その2)


(鋤込み後の畑ほ場の様子)

法人番号 7050005005207