次世代作物開発研究センター

基盤研究領域

当領域では、作物のゲノム情報を活用し、先進的な育種技術の開発を行う

様々な遺伝資源、地域の在来品種から作成した実験解析集団、放射線や化学物質処理等で人為的な変異を起こさせた突然変異集団より、分子生物学的手法や遺伝解析手法によって、地域の要望に応えた作物の品種改良にとって有用な遺伝子を探索し、その遺伝子の作用の分子機構を解明し、有用形質を正確・迅速に選抜するためのDNA上の目印(DNAマーカー)を開発し、我が国の育種関係者に公開して広く使ってもらえるように取り組みます。また上記の素材・マーカーを利用して育種に必要なさまざまな素材を開発し、社会や地域のニーズにあった品種育成に貢献します。
また、作物において生物の設計図であるゲノムの配列情報の高精度の解読や遺伝子の働きを網羅的に測定したトランスクリプトーム情報、タンパク質の網羅的解析によるプロテオーム情報等の研究基盤を高度化し、これらの"オミックス"情報を利用して、作物の生育状態を予測し、育種選抜に必要な指標を開発します。
またムギ等のまだゲノム情報が十分でない作物において迅速にゲノムワイドにDNAマーカーを作成し、大規模な遺伝子型解析を可能にする技術を開発し、自殖性作物においてゲノムを効率的に混合する系を構築するとともに、高度な情報解析技術を適用してゲノム選抜等によって優れた品種を選抜する技術等多数の遺伝子が関与する複雑な農業形質に対する新規な育種法の開発を行います。


領域長

石本 政男(いしもと まさお)

領域付

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207