作物研究所

麦栽培マニュアル

麦新品種緊急開発プロジェクトで育成された新品種

麦新品種緊急開発プロジェクトで育成された新品種

新品種の概要

麦新品種緊急開発プロジェクトで育成された新品種

麦新品種緊急開発プロジェクトで育成された新品種一覧

新品種の概要

平成15年度育成品種 (*は、独立行政法人農業・生物系特定産業技術研究機構の機関である。)

品種名 育成場所 主な特徴
(小麦)
ミナミノカオリ
九州沖縄農業研究センター* 製パン適性が良い硬質小麦で、蛋白質含量が高く醤油用にも適する。
やや早生で、農林61号より2日早く収穫できる。
倒伏や縞萎縮病に強いが、穂発芽や赤かび病にやや弱い。
大粒で粒質は硝子質、製粉歩留が良い。
(小麦)
フウセツ
長野県農事試験場(指定試験地) 麺の色が明るい黄白色、のど越しが滑らかで食感に優れる。
穂発芽性は難で、成熟期の降雨による品質低下を回避できる。
桿長は短く、穂長は長く、多収である。
雪に強く、熟期は「シラネコムギ」とほぼ同等である。
(小麦)
キタノカオリ
北海道農業研究センター* 製パン適性が優れる。
赤さび病、うどんこ病抵抗性が優れる。
耐倒伏性が優れる。
(大麦)
さやかぜ
作物研究所* 短強桿で耐倒伏性に優れる。
縞萎縮病に高度抵抗性である。
押麦用の精麦品質に優れ、麦茶適性がある。

平成14年度育成品種 (*は、独立行政法人農業技術研究機構の機関である。)

品種名 育成場所 主な特徴
(小麦)
タマイズミ
作物研究所* 硬質で原粒蛋白質含量が高く、しょう油や中華麺用に適する。
農林61号よりもやや早生の白粒種で、倒伏にやや強い。
(小麦)
ふくさやか
近畿中国四国農業研究センター* 粉色、ゆでめん、食感が優れる。
やや早生で、短稈で倒伏に強い。
(小麦)
ゆきちから
東北農業研究センター* 蛋白含量が高く、製パン適性が優れる。
コユキコムギよりやや早生で、耐病性に優れる。
(大麦)
シンジュボシ
東北農業研究センター* 精麦白度、炊飯白度が高く、炊飯後の褐変が少ない。
ミノリムギよりやや早生で、大粒で外観品質が優れる。

平成13年度育成品種 (*は、独立行政法人農業技術研究機構の機関である。)

品種名 育成場所 主な特徴
(小麦)
ハルイブキ
東北農業研究センター* 多収で、製パン適性が優れる。
ナンブコムギと同熟ので、耐病性に優れる。
(小麦)
ユメセイキ
長野県農事試験場(指定試験地) うどんの粘弾性と滑らかさに優れ、食感がよい。
穂発芽性は難で、稈長は短く、収量性に優れる。
(裸麦)
マンテンボシ
近畿中国四国農業研究センター* 製粒歩合が高く、屑麦が少なく、精麦品質が優れる。
稈が強く倒れにくく、上麦収量が高い。

平成12年度育成品種 (*は、独立行政法人農業技術研究機構の機関である。)

品種名 育成場所 主な特徴
(小麦)
きたもえ
北見農業試験場(指定試験地) 小麦縞萎縮病、各種雪腐病、うどんこ病に強い。
穂発芽耐性が強く、粉色やめんの色、製粉性に優れる。
(小麦)
はるひので
北見農業試験場(指定試験地) 春播小麦で、赤かび病抵抗性に優れる。
多収で、製パン適性が優れる。
(裸麦)
ネバリゴシ
東北農業研究センター* キタカミコムギより5日早熟、倒伏に強く、多収である。
うどんの粘弾性と滑らかさに優れ、食感がよい。
(小麦)
きぬあずま
作物研究所* トヨホコムギより2日程度早熟である。
穂発芽耐性をもち、縞萎縮病や倒伏に強く、多収である。
(六条大麦)
ファイバースノウ
長野県農事試験場(指定試験地) ミノリムギより倒伏に強く、成熟期が2日早い。
ミノリムギより耐雪性、耐寒性に優れる。
(二条大麦)
スカイゴールデン
栃木県農業試験場(指定試験地) 大麦縞萎縮病とうどんこ病に強い。
大粒で整粒歩合が高く、麦芽品質が優れる。

平成11年度育成品種 (*は、独立行政法人農業技術研究機構の機関である。)

品種名 育成場所 主な特徴
(小麦)
イワイノダイチ
九州沖縄農業研究センター* 早播栽培で農林61号より1週間の早期収穫が可能である。
倒伏や縞萎縮病に強く、多収である。
(小麦)
ニシノカオリ
九州沖縄農業研究センター* 蛋白含量が高く、菓子パンやフランスパンに適する。
農林61号より3日早く収穫が可能である。
(小麦)
あやひかり
作物研究所* 低アミロースであるため、めんが滑らかで食感がよい。
農林61号より2~5日早期収穫が可能である。
(小麦)
キヌヒメ
長野県農事試験場(指定試験地) シラネコムギより4日早熟で多収である。
穂発芽性が難で、雨による品質低下を防げる。
(六条大麦)
セツゲンモチ
長野県農事試験場(指定試験地) もち性で精麦特性が優れる。
ミノリムギより倒伏に強く、成熟期が4日早い。