作物研究所

麦栽培マニュアル

フウセツ

主要特性

  • 麺の色が明るい黄白色、のど越しが滑らかで食感に優れる。
  • 穂発芽性は難で、成熟期の降雨による品質低下を回避できる。
  • 桿長は短く、穂長は長く、多収である。
  • 雪に強く、熟期は「シラネコムギ」とほぼ同等である。 

フウセツ

作業内容

止葉展開期の追加効果

茎立期 3kg (N成分/ 10a )の追肥+止葉展開期 2kg (N成分/ 10a )追肥により千粒重は 1.5g 向上。

追肥が千粒重に及ぼす影響

止葉展開期追肥 2kg で高品質

茎立期 3kg の追肥と止葉展開期 2kg の追肥により原粒蛋白含量が 20% 増加。
(めん用小麦の原粒適性蛋白含量 10.0 ~ 11.0% )

追肥が蛋白含量に及ぼす影響

茎立期と止葉展開期の追肥は、粉の明るさに悪影響なし。

追肥が粉の明るさに及ぼす影響

フウセツの生育特性(須坂市、標高:340m 、平成 7 年~ 14 年度)

品種名 出穂期 成熟期 桿長
( cm )
穂長
(cm )
穂数
(本/m2 )
子実重
( kg/10a )
千粒重
( g )
フウセツ 5月9日 6月23日 84 9.3 453 68.6 40.5
シラネコムギ 5月8日 6月22日 84 8.6 450 62.0

38.8

品種名 耐寒性 耐雪性 耐凍上性 穂発芽性 病害抵抗性
うどんこ病
外観品質 播性程度
フウセツ やや強 上下 IV
シラネコムギ やや易 やや強 中下 IV

フウセツの品質特性(平成 7 年~ 13 年度)

品種名 製粉歩留
(%)
ミリングスコア (%) 60% 粉の性状 アミロース含量
(%)
ゆでめんの官能評価
粗蛋白
(%)
灰分
(%)
明るさ
L*
外観
( 15 )
かたさ
( 10 )
粘弾性
( 25 )
滑らかさ
( 15 )
総合
( 100 )
フウセツ 69.1 82.3 8.3 0.37 84.85 29.6 10.3 7.1 17.5 11.4 70.4
シラネコムギ 68.0 79.4 9.9 0.42 83.72 28.4 10.5 7.0 17.3 10.5 68.4

60% 粉の粉色は明るく適度な黄色味があり、ゆでめんは粘弾性、滑らかさが優れ高い官能評価。

フウセツの栽培適地

耐寒性、耐雪性に優れ、成熟期に穂発芽のしにくい中生種なので、東北南部、北陸、東山地方に適する。

栽培適地