作物研究所

麦栽培マニュアル

ニシノカオリ

主要特性

  • 蛋白質含量が高く、菓子パンやフランスパンに適する。
  • 農林61号より3日早く収穫が可能である。
  • 倒伏や縞萎縮病に強い。
  • 硝子質の大粒で、製粉歩留が高い。

ニシノカオリ

写真右下:ニシノカオリ(左)、農林61号(右)

作業工程

ドリル播で十分な穂数を確保

条播では穂数が不足するため低収。
ドリル播による十分な穂数が確保でき、増収。

(左)播種法と穂数、(右)播種法と収量

パン用としての適正な蛋白質含量の確保

多腐植質黒ボク土では、通常の施肥法(基肥および分げつ肥と穂肥)で十分な蛋白質含量の確保が可能。
しかし、灰色低地土および淡色黒ボク土では不足。

栽培土壌の種類

出穂後10日の実肥による高蛋白質化

灰色低地土では、4kg/10aの窒素を実肥施用すると蛋白質含量が13%に向上。
実肥窒素1kg/10a施用による蛋白質含量の増加率は0.5%。

灰色低地土での実肥料と蛋白質含量

穂発芽の発生と登熟期間中の気象要因

気象要因 気温 降雨回数
穂発芽程度 -0.81** 0.79**

注)数字は単相関関係(福岡総農試)

適期収穫の励行

登熟後記の気温が低く、降雨が3日以上続くと穂発芽が多発。

成熟期前後の穀粒水分の推移


成熟前4日 成熟期 成熟後2日
穀粒水分 45% 30~35% 25~30%

収穫適期は成熟後2日

成熟期の2日以後で、穀粒水分30%以下が収穫適期。

ニシノカオリの製パン適性(筑後市)

品 種 名 菓子パンの評点
外観 内相 合計
ニシノカオリ 35.6 41.8 77.4
農林61号 24.9 27.5 52.4

ニシノカオリの栽培適地

成熟期、収量性等から判断される栽培適地は、関東以西から九州南部である。

ニシノカオリの栽培適地