作物研究所

    遺伝子組換え作物の栽培実験

平成27年度遺伝子組換えイネの収穫を実施

-「カルビンサイクル強化イネ」を隔離ほ場で収穫-

(「第1種使用規程承認組換え作物栽培実験指針」に基づく情報提供です。)

  農研機構作物研究所(所長 矢野昌裕)では、遺伝子組換えイネ(カルビンサイクル強化イネ)の栽培を隔離ほ場において5月13日(水曜日)から行っておりますが、今回下記のとおりの収穫作業を行いますのでお知らせします。なお、見学を希望される場合は、事前に問い合わせ先へご連絡下さい。

  「カルビンサイクル強化イネ」の栽培の詳細につきましては、平成27年3月13日(金曜日)に公表しました栽培実験計画書をご覧下さい。

「カルビンサイクル強化イネ」の収穫

  • 実施場所: 農業・食品産業技術総合研究機構 作物研究所
                  高機能隔離圃場(茨城県つくば市観音台3-1-1)
  • 実施日時: 平成27年10月27日(火曜日)

なお、今後のイネの生育状況や、天候の状況により収穫作業の日程を変更する場合は、ホームページによりお知らせします。