作物研究所

作物見本園

見本園の様子このページは、国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構・作物研究所の資源作物見本園で栽培されたもしくは現在栽培中の作物の様々な写真とそれらの作物についての簡単な解説を収めたものです。

掲載作物名一覧」メニューや「見本園マップ」メニューからご希望の作物の情報にアクセスして下さい。

 最近の見本園の様子は「資源作物コーナーの様子」や「稲コーナーの様子」、「麦コーナーの様子」からご覧になれます。

資源作物コーナーの様子

梅雨が明け切らない中、夏を象徴するヒマワリの花が咲き出しました。
2016年7月25日
梅雨が明け切らない中、夏を象徴するヒマワリの花が咲き出しました。
梅雨明けを思わせる青空の下、さらに新たな花が咲き、穂が出て実も大きくなってきました。
2016年7月19日
梅雨明けを思わせる青空の下、さらに新たな花が咲き、穂が出て実も大きくなってきました。
梅雨の晴れ間に、さらに新たな花が咲いてきました。これから見頃を迎えます。
2016年7月12日
梅雨の晴れ間に、さらに新たな花が咲いてきました。これから見頃を迎えます。

稲コーナーの様子

北海道で育成された極早生品種の穂が出始めました。
2016年7月25日
北海道で育成された極早生品種の穂が出始めました。
北海道で育成された極早生品種の止葉が出て、穂ばらみ期となっています。
2016年7月19日
北海道で育成された極早生品種の止葉が出て、穂ばらみ期となっています。
稲の茎数がさらに増え、観賞用稲の色も鮮やかになってきました。
2016年7月12日
稲の茎数がさらに増え、観賞用稲の色も鮮やかになってきました。

麦コーナーの様子

晩生の小麦が成熟期となりました。
2016年6月14日
晩生の小麦が成熟期となりました。
中生のめん用小麦などが成熟期となりました。
2016年6月7日
中生のめん用小麦などが成熟期となりました。
晩生大麦、早生のパン用小麦と一部の中生のめん用小麦が成熟期となりました。
2016年6月1日
晩生大麦、早生のパン用小麦と一部の中生のめん用小麦が成熟期となりました。