作物研究所

小麦品種開発・利用プロジェクト

小麦品種開発・利用プロジェクトでは

国内生産を大幅に拡大するため、アメリカ、カナダやオーストラリアからの輸入銘柄並の品質特性を持つ高品質なパン用、めん用などの小麦品種の育成を目指しています。また、各地域に適した小麦品種の育成のため、DNAマーカー等の利用により赤かび病抵抗性やコムギ縞萎縮病などの障害抵抗性に優れた品種を育成するとともに、でん粉やグルテン特性に特徴のある新規用途向き品種とその利用技術開発も進めています。

小麦収量試験圃場(春)
小麦収量試験圃場(春)

小麦収量試験圃場(冬期)
小麦収量試験圃場(冬期)


その結果、DNAマーカーを利用して育成したパン用品種「せときらら」や地域に特徴のある「長崎W2号」などを育成し、以下のように品種登録されました。また、北海道での栽培が広がっている超強力小麦「ゆめちから」の育成に対して、日本育種学会賞や北農賞を受賞し、その利用が広まっています。詳しくは以下のプレスリリースやホームページを参照下さい。

「ゆめちから」の食パン
「ゆめちから」の食パン

「ユメシホウ」の醤油
「ユメシホウ」の醤油

「あおばの恋」の白石温麺
「あおばの恋」の白石温麺


最近の農研機構育成小麦品種登録一覧

登録番号品種名称登録年月日育成場所
18434 うららもち 2009/09/10 作物研
18436 トワイズミ 2009/09/10 九州農研
18437 もち姫 2009/09/10 東北農研
18496 ふくほのか 2009/09/28 近中四農研
19078 北海260号 2010/02/19 北海道農研
19418 ユメシホウ 2010/03/17 作物研
19419 北海259号 2010/03/17 北海道農研
19420 あおばの恋 2010/03/17 作物研
20751 ゆめちから 2011/03/22 北海道農研
20864 ふくはるか 2011/07/04 近中四農研
22234 小麦中間母本農9号 2013/01/28 九州農研
23008 ふくあかり 2014/02/12 作物研
23403 銀河のちから 2014/05/02 東北農研
23404 ゆきはるか 2014/05/02 東北農研
23405 ちくごまる 2014/05/02 九州農研
23407 みのりのちから 2014/05/02 北海道農研
23408 せときらら 2014/05/02 近中四農研
23494 長崎W2号 2014/07/25 九州農研(長崎県と共同出願)
- こしちから 2014/09/18出願公表 東北農研
- さちかおり 2015/06/26出願公表 九州農研
- セトデュール 2016/02/26出願公表 近中四農研

プレスリリース

受 賞

また、平成25年9月にパシフィコ横浜で開催された第12回国際コムギ遺伝学シンポジウムでは、東北農研の石川らが、北海道小麦品種「きたほなみ」の高製粉性のQTLに関する発表で、ベストポスター賞を受賞しました。

  • Goro Ishikawa, Kazuhiro Nakamura, Hiroyuki Ito, Mika Saito, Mikako Sato, Hironobu Jinno, Yasuhiro Yoshimura, Tsutomu Nishimura, Hidekazu Maejima, Yasushi Uehara, Toshiki Nakamura, A consistent QTL for flour yield on chromosome 3B in the soft winter wheat variety, Kitahonami, Best Poster Award, The 12th International Wheat Genetics Symposium

さらに、品種育成以外にも以下のような研究成果が明らかにされ、多くの論文が発表されています。

研究成果情報