果樹茶業研究部門

温暖化の影響と適応策に関する資料集

果樹農業に対する気象変動の影響に関する調査

日本の果樹栽培における地球温暖化の将来の影響予測と現在の影響調査および当面の対策を調査した報告書です。

農業に対する温暖化の影響の現状に関する調査

日本の農業生産(水稲、麦、大豆、果樹、野菜、花き、畜産)に対する地球温暖化の影響の現状および当面の対策(適応策)に関する全国調査をとりまとめたものです。温暖化の影響は生育、収量、品質、病害虫など多岐にわたることがわかります。

年平均気温の変動から推定したリンゴおよびウンシュウミカンの栽培環境に対する地球温暖化の影響

リンゴとミカンにおける温暖化による栽培適地の変動をシミュレーションによって将来予測したものです。

温暖化がわが国の果樹生育に及ぼしている影響の現状

日本の果樹生産に対する地球温暖化の影響の現状に関する全国調査の結果を、詳細に解析したものです。対象はリンゴ、ニホンナシ、モモ、ウメ、オウトウ、ブドウ、カキ、クリ、カンキツ、ビワ等です。

法人番号 7050005005207