果樹茶業研究部門

品種育成研究領域(つくば)

「ぽろたん」は、傷を入れて加熱すると渋皮が簡単にむける画期的なニホングリ品種です。

品種育成研究領域では、高品質で栽培しやすいニホンナシ、核果類(モモ、ウメ、ニホンスモモ、アンズ)、クリ新品種の育成とともに、ゲノム情報の活用によるDNAマーカーの開発および遺伝資源を利用した育種素材の開発を行っています。

果樹茶業研究部門の前身は農林省園芸試験場であり、1930年代から果樹の交雑による品種改良に取り組んできました。これまでに、ニホンナシでは、「幸水」、「豊水」、「あきづき」など、モモでは「あかつき」など、クリはクリタマバチ抵抗性の「筑波」、「丹沢」などを育成しております。「幸水」、「あかつき」、「筑波」はそれぞれの樹種で最も多く栽培されています。最近では、傷を入れて加熱すると渋皮が剥きやすくなるクリ「ぽろたん」、糖度が高く「新高」に置き換わることが期待されているナシ「甘太」、果肉まで赤く、赤い梅ジュースや梅酒が作られるウメ「露茜」、豊産性で酸味が少なく生食に向くアンズ「ニコニコット」などの有望品種の普及が始まっています。

最近の研究成果や育成品種の詳細については、各ユニットや育成品種のページをご覧下さい。現在では、遺伝資源とゲノム研究を活かし、ナシの黒星病抵抗性・自家和合性、クリの渋皮はく皮性等の形質に関連したDNAマーカーによる幼苗選抜を行うことにより、ナシ・クリの品種改良の規模は従来の数倍になっています。


領域長

別所 英男(べっしょ ひでお)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207