果樹茶業研究部門

ブドウ・カキ研究領域(安芸津)

栽培性と食味に優れ、皮ごと食べられる「シャインマスカット」

ブドウ・カキ研究領域では、ブドウとカキに関して次のような研究を行っています。
これまでに「シャインマスカット」や「太秋」をはじめとする良食味の大粒ブドウ品種や完全甘ガキ品種等を育成してきました。今後も、良食味で高い訴求性を持つ高品質品種の開発を目標とします。特にブドウにおいては、気候温暖化が進んでも安定して着色し、降雨が多い我が国の気候のもと、病気にも強い品種の開発を進めています。また、カキにおいては栽培性が高く大果で裂果しない完全甘ガキ品種の育成を目指します。
省力・軽労働栽培では、カキにおいて樹高が低く管理の容易なわい性台木「豊楽台」の普及を促進するため、わい性台苗木の早期育苗技術の開発を行っています。また、渋ガキ品種「太天」と「太月」について樹上で安定かつ省力的に脱渋させる技術の開発にも取り組んでいます。さらにブドウにおいては、収穫時期の分散を可能とする「シャインマスカット」の加温栽培を確立するため、その休眠特性の解明や生育モデルの開発を進めています。
ブドウ・カキ等に被害を与える病害虫については、有効な防除薬剤がないウイルス病対策として、感染した苗木を正確に検出する遺伝子診断法の開発を進めています。また、低コストで環境に負荷の少ない防除技術を確立するため、病害虫の発生生態を明らかにし、効果的な防除時期の解明に取り組んでいます。


領域長

塩谷 浩(しおたに ひろし)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207