果樹茶業研究部門

栽培方法

自家不和合性であり、「露茜」だけでは結実しないため、受粉樹の混植が必要です。開花期が遅いため、受粉樹には開花の遅いウメ品種もしくはアンズ品種が適しています。

農研機構で育成したアンズ品種の「ニコニコット」は、「露茜」と開花期が近く、受粉樹として利用できます。さらに結実を安定させるためには、ウメ、アンズの花粉を使用した人工受粉が有効です。

樹勢が弱く、結果枝が下垂するため、1年枝の切り返しを行い新梢の発生と伸長を促す必要があります。また、短果枝の維持が難しいため、予備枝をとり、結果部位を確保することも重要です。


ニコニコット

産地の紹介

栽培適地は、東北地方から九州までのウメの栽培地域です。現在、福島県、茨城県、愛知県、和歌山県、徳島県、宮崎県等で栽培が始まっています。

法人番号 7050005005207