畜産研究部門

家畜育種繁殖研究領域

繁殖能力の改良       体外受精技術の改良

わが国の畜産のさらなる強化発展のためには、高品質な畜産物を低コストで生産することが必要です。その生産を支えるためには、生産性に優れた家畜を作出するための育種技術と、優秀な家畜を確実かつ大量に生産する繁殖技術が必要です。

そこで家畜育種繁殖研究領域では、生産性に優れた家畜を作出する育種技術については、家畜の生涯生産性を改良対象とし、その向上のための評価形質を解明し、繁殖性と健全性を考慮した新たな育種改良手法を開発しています。さらに、生産性向上に資するため、ゲノム解析技術や遺伝子解析技術を利用して、肉用牛、豚及び鶏において生産性に加え品質や食味性を改善する有用遺伝子の探索と活用技術の開発をおこなうとともに、ゲノム情報を活用した育種改良技術の開発を進めています。また、ミツバチについては、花粉媒介昆虫としての利用拡大に向け、能力の改良をめざすとともに、疾病等の健全性に影響する要因への対策技術の開発に取り組んでいます。

優秀な家畜を確実かつ大量に生産するための繁殖技術については、特に牛において、受胎率の低下や分娩間隔の延長等の繁殖性の低下が問題となっていることから、受胎率低下を引き起こす原因を解明し、それに基づく雌牛の繁殖性改善技術、センシング技術を活用した効率的繁殖管理技術を開発するとともに、受胎性を指標とした人工授精用凍結精液の評価や選別技術等の受胎率向上技術の開発を行っています。また、受精卵移植の受胎率向上に向け、高品質な生殖細胞、受胎性の高い受精卵を生産・選別し、長期に安定的に保存する技術の開発に取り組んでいます。


領域長

平子 誠(ひらこ まこと)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207