畜産研究部門

家畜代謝栄養研究領域

日本標準飼料成分表と家畜・家禽の日本飼養標準の最新版

家畜代謝栄養研究領域では、生理学、生化学、微生物学、栄養学、遺伝子解析などの様々な研究手法を用いて、家畜・家禽の代謝および栄養の研究を行います。

飼料用米あるいは食品残さなどの国内飼料資源を活用し、飼料自給率の向上を目指すとともに、低コストで特色のある豚肉・鶏肉・鶏卵の生産技術を開発します。

また、家畜代謝実験施設を用いて、牛の酸素消費、二酸化炭素排出、メタン排出を測定する呼吸試験と飼料の各種成分の消化率を測定する消化試験を併せて実施し、新しい飼料の評価を行うとともに、牛の精密な栄養管理技術を開発し、牛乳・牛肉の効率的な生産技術に役立てます。

このほか、牛の栄養素の中間代謝の研究を進め、牛の健康に配慮したロスの少ない管理技術を提案するとともに、消化管内とくに反すう胃の微生物叢の制御を行い安定的な生産システムを開発します。

上記のような研究を進め、成果は、家畜・家禽の適切な給与のための基本情報である日本標準飼料成分表、日本飼養標準(乳牛・肉用牛・豚・家禽)にまとめ、畜産農家、都道府県や農協などの普及現場の方々、飼料会社などに情報を提供します。


領域長

阿部 啓之(あべ ひろゆき)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207