畜産草地研究所

写真で見る繁殖技術

写真で見る繁殖学(1. 品種、雄牛、雌牛の発情)

雄牛の理想体型(True Type)

1-01 アメリカ合衆国のホルスタイン・フリーシアン種、雄牛の理想体型(True Type)で、1923年にホルスタインフリーシアン協会の要請により、日本人の川村吾蔵(動物彫刻家、イギリスよりアメリカに移住)氏が作成した。
ブロンズのオリジナルは東京国立近代美術館に所蔵されている。

雌牛の理想体型(True Type)

1-02 雌牛の理想体型(True Type)畜産草地研究所の玄関に展示中。"お宝もの"である。

黒毛和種の雄牛

1-1 日本の代表的肉牛品種の黒毛和種の雄牛。
松阪牛や神戸ビーフになる。

日本短角種の雄牛

1-2 北東北地方、昔の南部藩の地域を中心として飼育されている日本短角種の雄牛。
白い頭の牛はヘレフォード種である。

褐毛和種(あかげわしゅ)の雄牛

1-3 熊本県を中心として飼育されている褐毛和種(あかげわしゅ)の雄牛。
あかげと読める方はプロ中のプロと言えます。

ホルスタイン種の雄牛

1-4 ホルスタイン種の雄牛。

黒毛和種雌牛の乗駕行動

1-5 黒毛和種雌牛の乗駕行動(人工授精技術の開発、普及により、農家では通常雌牛だけが飼育されています。 発情すると雌同士が乗駕しあう行動がみられます。)。

黒毛和種雌牛の発情期の乗駕行動

1-6 黒毛和種雌牛の発情期の乗駕行動。後方に見えるのは褐毛和種。

ホルスタイン雌の乗駕行動

1-7 ホルスタイン雌の乗駕行動。(昔懐かしい千葉市青葉町の放飼場)

発情した雌牛への雄子牛の臭いを嗅ぐ行動

1-8 発情した雌牛への雄子牛の臭いを嗅ぐ行動。発情の前兆。

発情した雌牛への雄子牛の乗駕行動

1-9 発情した雌牛への雄子牛の乗駕行動。雄子牛が最も早く発情牛を見つけだす。

発情雌牛を発見する器具(チン-ボール)装着したヘレフォード雄牛

1-10 発情雌牛を発見する器具(チン-ボール)装着したヘレフォード雄牛。

発情雌牛を発見する器具(チン-ボール)装着したヘレフォード雄牛

1-11 発情牛に顎(チン)をすり寄せたり乗駕すると、器具からインクが出て雌牛にマークが付く。

発情発見器具Heat Mount Detectorを張り付けた雌牛

1-12 発情発見器具Heat Mount Detectorを張り付けた雌牛。
他の牛が乗駕するとこの器具が潰れ、中から赤いインクが出て発情であることがわかる。

大規模草地における牛の管理柵

1-13 大規模草地における牛の管理柵。人工授精や病気の治療.などに牛を追い込んで捕獲する施設が必要になる。

フレーメン(Flehmen)

1-14 フレーメン(Flehmen)。上唇を開き、鼻を突き出し臭いを嗅ぐ行動で、馬ではっきりしていて、"馬が笑っている"ともいわれる。

フレーメン(Flehmen)

1-15 フレーメン。

フレーメン(Flehmen)

1-16 フレーメン。

フレーメン(Flehmen)

1-17 フレーメン。

台牛を用いた横取り法による精液採取

1-18 台牛を用いた横取り法による精液採取。1970年代の花田章博士.

枠場内での交配

1-19 枠場内での交配(豚は2~23分、平均6分間と長い間射精しますが、牛は5秒程度と瞬間的に射精します)。

枠場内での交配

1-20 枠場内での交配。

枠場内での交配

1-21 枠場内での交配。

雌の生殖器が収縮

1-22 交尾終了後、雌の生殖器が収縮する。

山口大学前教授、菅徹行博士が、主に農水省畜産試験場の研究において集められた、牛の繁殖学主体の画像資料です。大変貴重なものですので、ネット上で公開します。

9の項目に区分されています。

 

※各画像の著作権は、農研機構にありません。ご利用にあたっては、お問い合わせフォームからご確認をお願いいたします。