畜産草地研究所

電気柵導入意思決定支援シート(FIDAs_Ver2.0.xlsx)の提供

2015年1月28日 ver2.0を掲載しました。

目的

ニホンジカによる牧草被害率を算出、牧草生産量の目安値を基準に被害額を推定し、被害対策資材(防護柵や電気柵など)を導入した場合の負担額と比較して被害対策方法を導入する際の意思決定を支援します。

使用環境

Microsoft社のEXCEL2007およびそれ以降のバージョン

参考文献

Tsukada, H., Kida, T., Kitagawa, M., Suyama, T. and Shimizu, N. (2013), Simple quantitative method for estimation of herbage damage caused by sika deer (Cervus nippon). Grassland Science, 59: 146-155. doi: 10.1111/grs.12025 http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/grs.12025/abstract
畜産草地研究所2013年度普及成果情報「ニホンジカによる採草地の牧草被害率の簡易推定と電気柵導入決定支援シート」

注意

このプログラムの使用にあたり、著作者はいかなる保証も行いません。利用者自身の責任においてご利用ください。著作権は著作者が有しますので、これらのソフトウェアを転載、再頒布するときには、事前に連絡し、了承を得てください。

更新履歴

2015年1月28日 ver2.0を掲載
2014年6月24日掲載

ダウンロード可能なファイル

実行形式 xlsxファイルで提供
FIDAs_Ver2.0.xlsx

マニュアル
FIDAs-man.pdf