畜産草地研究所

遺伝子組換え飼料作物の圃場試験について

栽培実験の状況(平成24年度)

このページでは、平成24年度 [隔離圃場における安全性評価試験]における栽培実験の状況をお知らせしています。写真をクリックすると大きい画像が開きます。
(2013年4月4日更新)

栽培実験の状況
遺伝子組換えによりリグニン含量を低下させたアルファルファ{低リグニンアルファルファ(CCOMT, Medicago sativa L.)(KK179, OECD UI: MON-OO179-5)}を隔離ほ場で栽培

(4月4日更新)

2013年4月4日
3月は暖かい日が多く、アルファルファは日増しに生長して緑が濃くなってきました。これから、試験区ごとに各種調査を行っていきます。

アルファルファの生長の様子

(2月19日更新)

2013年2月19日
今年は例年になく寒く、1月14日にまた雪が降りました。

 1月16日の積雪

雪の下でもアルファルファは元気に冬越ししています。

雪解けのアルファルファ

この後、1月22日、27日、2月6日に積雪があり、2月19日現在まで積もったり融けたりを繰り返しています。

1月23日の様子1月28日の様子

2月5日の様子2月8日の様子
2月19日の様子

(12月18日更新)

2012年12月17日
移植後約1ヶ月半の状況です。

12月1日と12月10日に2度積雪がありましたが、現在は融けています。

12月10日に降った雪の残り雪は12月17日にはすべて融けました

種子生産試験区の様子です。組換え体と非組換え体の間に差は見られていません。

種子生産区の様子

(11月5日更新)

2012年11月1日
遺伝子組換えアルファルファの苗を隔離ほ場に移植しましたので、その様子をお知らせします。

今回移植した遺伝子組換えアルファルファは別の場所にあるP1P温室で育苗していたものです。

P1P温室で育苗中のGMアルファルファ

移植前日に、苗を密閉容器に入れてP1P温室から遺伝子組換え隔離ほ場まで車で運搬しました。

GMアルファルファ移植(苗運搬に用いたコンテナ)GMアルファルファ移植苗運搬

移植当日は好天に恵まれ、多くの方々の御助力により無事終了できました。

GMアルファルファ移植GMアルファルファ移植翌日