畜産草地研究所

病虫害研究グループ

飼料作物病虫害の発生要因を解明し防除法を開発する

飼料作物に発生する多種多様な病虫害の原因や生態を明らかにします。また、病虫害の軽減技術として、抵抗性品種の利用や栽培法の改善などの耕種的防除法を確立すると共に、病虫害を軽減する効果のある共生糸状菌(エンドファイト)の利用技術を開発します。

病虫害研究グループでは

  • 気候変動など環境変化に伴って新たに発生し、生産阻害要因となる飼料作物病虫害の原因および生態を解明します。
  • ライグラスいもち病、トウモロコシ根腐病、赤かび病、すす紋病およびアワノメイガなど主要な病虫害の被害解析等を行い、これに基づいた抵抗性品種の利用や栽培法の改善などの耕種的防除法を確立します。
  • 化学農薬によらない生物的防除法として、病虫害を軽減する効果のある共生糸状菌(エンドファイト)の利用技術を開発し、エンドファイト感染イタリアンライグラスの圃場での害虫発生抑制効果などを解明します。
  • 動物用医薬品の使用によって放牧地で食糞性昆虫が受ける影響を明らかにし、草地生態系が保全されるような動物用医薬品の利用法を提示します。
  • 飼料作物病虫害について、その種類、症状、発生地、開発された防除法などのデータベースを構築し、ウェブ等で公開します。

トピックス

飼料作物病害図鑑(http://www.naro.affrc.go.jp/org/nilgs/diseases/dtitle.html)をリニューアルしました

最近問題となっている飼料作物病害について、新たに詳細な写真や防除法などを閲覧無料で掲載しました。ここには病害の発生年度や発生地についての病害標本情報および過去の情報を元に指標化した病害発生リスクを掲載しています(トウモロコシ紋枯病の例)。

飼料作物病害図鑑トウモロコシ紋枯病の例画像

研究グループのコンテンツ