畜産草地研究所

家畜飼養技術研究領域

乳牛及び肉用牛の飼料評価・調製・給与技術の開発

領域長

鈴木一好

鈴木 一好 Kazuyoshi Suzuki

機械研究グループ

飼料作物栽培の省力化、飼料の広域流通促進および家畜ふん尿の有効利用のために、トウモロコシの簡易耕播種技術、ロールベール等の生産履歴管理技術、ふん尿堆肥化過程での肥料成分・熱の回収技術を開発します。

乳牛・肉用牛研究グループ

国産飼料の利用率向上を図るため、飼料用稲・麦等を最大限活用した発酵TMRの安定調製貯蔵技術や乳肉用牛向け給与技術を開発し、その実用化・普及を図ります。また、近年、低下傾向にある牛の受胎率を向上させるため、早期妊娠診断や胚死滅時期の特定に利用できる妊娠のモニタリング指標を策定します。