畜産草地研究所

機械研究グループ

資材の山を動かす、広い大地を耕す

畜産・飼料作では、大量の飼料や肥料などの資材、あるいは広大な飼料作ほ場を対象にした作業が毎日行われます。ちなみに、平均規模の酪農家が1年間に扱う量は、生産する飼料作物が数百トン、使用する肥料が数トン、牛に与える餌が千トン、飲み水は2千トン以上、そしてふん尿が1千五百トンに上ります。私たちはこれらを生産したり処理したり、運んだりする機械や施設およびそれらを用いて安全で省力的に作業する方法などを開発しています。

機械研究グループでは

機械研究グループでは、飼料作物栽培の省力化、飼料の広域流通促進、家畜ふん尿の有効利用、および原子力発電所事故後の放射性セシウム対策、等のための機械・施設や作業技術に関する研究を行っています。

飼料作物栽培では、「イタリアンライグラス-飼料用とうもろこし」二毛作体系における繁忙期の緩和のため、とうもろこしの耕うん播種に関わる作業時間を短縮する、縦軸型ハローを用いた簡易耕うん同時播種技術の開発を行っています。

耕畜連携による安全で安心な飼料イネ(稲発酵粗飼料)等のロールベールサイレージの広域流通を推進するため、稲発酵粗飼料の生産履歴を管理するシステムの構築、流通における品質の劣化を防止するためのロールベールのハンドリング技術の開発を行っています。また、水田を有効に活用して飼料増産を図るため、「飼料イネ-ムギ」の二毛作作付計画支援モデルを開発しています。

畜産物の数倍から数十倍の量で発生する家畜ふん尿を、バイオマス資源として有効に活用するための技術開発を行っています。ふん尿を上手に処理して良質な堆肥を作り、有機質資材として作物生産や燃料などに活用します。堆肥製造過程で発生する熱やアンモニアも無駄にせず回収して利用し、エネルギーと資源の自給率向上を目指しています。回収した熱はお湯を作って牛に給与したり機械類の洗浄に利用したりできます。アンモニアは肥料などとして利用できるほか、外部へ揮散する量が減るので悪臭と環境負荷が抑制されます。

福島第一原子力発電所事故後には、放射性物質に汚染された土壌や飼料作物、堆肥が発生しました。人の手が入りにくい放牧地や傾斜地で安全な牧草を生産するための作業機の開発や、放射性セシウムを含む飼料や堆肥を農地に還元して安全に利用する方法の検討を行っています。

トピックス

飼料イネ・飼料用米・発酵TMRの研究成果の普及の加速化を目指して、乳牛・肉用牛研究グループと共同で、以下の研究会等を開催しています。

  • 飼料イネの研究と普及に関する情報交換会(24年度:184名参加)
  • 自給飼料活用型TMRセンターに関する情報交換会(24年度:186名参加)
  • 平成24年度革新的農業技術に関する研修として、以下の研修会を開催しました。
    • 飼料イネ・飼料米等の生産・給与技術(2012年7月4日~6日)
    • 自給飼料作物の生産・給与技術と未利用資源の飼料化技術(2012年8月20日)
  • 発酵TMR及び飼料イネ出前研修会(24年度:6県で延べ291名参加)

傾斜牧草地向けに新たに開発した除染用作業機を用いた現地試験の一部を宮城県(2012年9月21日)、福島県(同年10月3日)で、草地管理研究領域と共同で公開しました(参加者は両会場合わせて100名以上)。

これまで開発した技術は高く評価され、以下の賞を受賞しています。

  • 悪臭のもととなるアンモニアの揮散を低減できる吸引通気式堆肥化処理システムの開発について学術論文にまとめ、農業施設学会から論文賞を受賞しました(平成18年)。
  • 吸引通気式堆肥化処理システムの開発に対し、(社)中央畜産会から畜産大賞研究開発部門優秀賞を受賞しました(平成20年)。
  • 吸引通気式堆肥化処理システムの開発に対し、理事長表彰を受賞しました(平成20年)。

研究グループのコンテンツ