畜産草地研究所

家畜育種繁殖研究領域

家畜の育種及び繁殖技術の高度化

領域長

顔写真

韮澤 圭二郎 Keijiro Nirasawa

家畜育種研究グループ

高品質な畜産物を低コストで生産するために、家畜・家禽の強健性や生産性を向上させる精度の高い育種改良技術と育種素材の開発を行います。また、ミツバチでは疾病にかかりにくい養蜂技術を開発します。

家畜繁殖研究グループ

優秀な家畜を確実かつ大量に生産するために、牛の受胎率低下を引き起こす原因を解明し、それに基づいて雌牛の繁殖性改善技術、個体への発生能の高い生殖細胞・胚の生産および長期保存技術などを開発します。