畜産草地研究所

家畜育種研究グループ

新たな能力をそなえた家畜の作出をめざして

育種改良イメージ画像家畜の生涯生産性の向上のためには、生産形質以外の新たな形質について、適正な能力評価や遺伝情報に基づく育種改良が必要です。

家畜育種研究グループでは

研究の概要

家畜の生涯生産性向上のために、家畜の強健性や繁殖性等について遺伝的能力の評価基準を開発しています。また、鶏では経済形質の改良に有益な遺伝情報の探索や遺伝子改変技術に関する研究を行っています。ミツバチでは健全性の改善のために抗病性付与技術を開発しています。

研究の背景

我が国の畜産経営の安定のために

我が国の畜産経営の安定には、種畜の自給生産が必須です。そのため外国の種畜よりも高能力で高品質な種畜(家禽、ミツバチを含む)の作出が求められています。
これまで家畜育種研究分野では、和牛の産肉性、鶏の卵殻強度に関与する遺伝子情報を得るとともに、QTL解析手法や制限付き選抜のための遺伝的能力評価法を改善し、さらに乳牛の長命性と豚の生存率といった形質について遺伝的能力評価が可能な指標を見出すなど、高能力で高品質な種畜作成のための基礎的知見を得てきました。

新たな形質への挑戦

一方畜産の現場では、家畜の生産力が向上した反面、繁殖成績の低下や生産病の発生、供用年数の短縮などの阻害要因が顕在化しています。また多 様なニーズへの対応が求められています。特に家畜の生涯生産性向上のためには、生産形質以外の有益な形質を改良するための評価手法の確立が必要です。また多様なニーズに応えるためには、新たな形質について有益な遺伝情報の探索が必要です。

新しい解析モデルの開発 有用形質を支配する遺伝子探索 ニワトリ胚を用いた新しい育種素材の開発 ミツバチ不足に対応するための養蜂技術の開発

研究グループのコンテンツ