畜産草地研究所

家畜生理栄養研究領域

家畜の生理及び栄養管理技術の高度化

領域長

阿部啓之

阿部 啓之 Hiroyuki Abe

栄養素代謝研究グループ

畜産において高い生産効率を確保しつつ強い生理的負荷に起因する代謝性疾患等を軽減するために、精密な栄養管理に加えて、内分泌機能や免疫機能などの健全性を栄養生理面から改善可能な飼養管理技術を開発します。

分子栄養研究グループ

畜産物品質向上のために、中小家畜の初期成長期の栄養制御がその後の生産特性や品質に及ぼす影響を明らかにします。また、粗飼料利用効率向上のために、ルーメン発酵の制限因子の解明などの基盤的研究を推進します。

機能性飼料研究グループ

国産飼料利用率の向上を図るために、主に中小家畜においてイムノバイオティックスや飼料用米の代謝制御機能を持つ因子などの発酵微生物や代謝産物の機能性を活用した高機能飼料調製利用技術を確立します。