畜産草地研究所

畜産環境研究領域

畜産廃棄物系バイオマスの処理・エネルギー利用技術の開発

領域長

小迫孝実

小迫 孝実 Takami Kosako

資源環境研究グループ

環境への負担の少ない畜産業を確立するために、家畜排せつ物の処理・資源化における環境負荷物質(臭気、温室効果ガス、水質汚濁物質)の制御技術、生産と環境の調和を図るための評価手法などについて開発します。

環境工学研究グループ

エネルギー自給型畜産システムを構築するために、家畜排せつ物からエネルギーを回収する微生物燃料電池、堆肥化過程の発酵熱回収・利用、太陽光、生体、地熱を始めとした再生可能エネルギーの利用技術を開発します。