畜産草地研究所

畜産物機能研究グループ

畜産物や乳酸菌を利用して健康に!

ヨーグルトなどの発酵食品に使われる乳酸菌や乳・卵などの畜産物には、健康に良い作用をもたらすものがたくさんあります。特に、ビフィズス菌や乳酸菌には整腸作用、コレステロール除去、アレルギー症状の緩和など様々な保健機能があることが知られています。

畜産物機能研究グループでは

乳酸菌や乳成分等がもっている抗酸化作用、アンチエイジング効果等、生体防御にかかわる健康機能性を評価するための新たな技術を開発します。 またこれらの機能性について、培養細胞やモデル動物等を用いた作用メカニズムの解明およびエビデンスの検証を行うとともに、摂取方法の提案や有効利用技術の開発、安全性の検討を進め、これら機能性を活かした食品や食品素材の開発を行うことを目的としています。

トピックス

研究グループのコンテンツ