農村工学研究部門

農地基盤工学研究領域

農地基盤工学研究領域長

当領域では、246万haの水田及び206万haの畑と、4.9万haの温室を研究対象とし、農業生産現場に近い立ち位置で工学的な研究に取り組んでいます。具体的には、水田や畑地が備える生産力の向上、ほ場レベルでの用水や排水の合理的な管理、農業施設の一層の有効利用、農地の効果的な再編整理や利用調整などの実現に向け、5つの研究ユニットが役割を分担し、先導的な技術開発を効率よく進めています。このような研究を通じ、我が国の食料安定供給や農村の振興に貢献するとともに、地球温暖化対策や資源循環にも役立つような成果を社会に受け渡していきます。

 

構成および業務概要


法人番号 7050005005207