野菜花き研究部門

食料生産地域再生のための先端技術展開事業 (先端プロ) -大規模施設園芸の分野-

大規模施設園芸実証研究施設

事業の概要

  • 「食料生産地域再生のための先端技術展開事業」 (略称 : 先端プロ) は、東日本大震災からの復興と東北地方の農業の飛躍的発展を目指して復興庁・農林水産省が実施する研究プロジェクトで、実施予定期間は平成24年度~29年度の6年間です。
  • 先端プロの大規模施設園芸の分野では、被災地域の早期の生産再開を支援し、当該地域を最先端の園芸施設が集積する新しい食料生産モデル基地として発展することに貢献するため、宮城県山元町に大規模施設園芸実証研究施設 (太陽光利用型植物工場) を建設して、これを拠点として、イチゴとトマトの先進的大規模生産技術の体系化と実証を行います。
    パンフレット 「イチゴとトマトの大規模生産システム」 (PDF)

大規模施設園芸実証研究施設 (宮城県亘理郡山元町) の見学案内

山元町の大規模施設園芸実証研究施設 (太陽光利用型植物工場) では、イチゴとトマト等の先進的栽培システムを導入し、大規模生産技術の実証・展示を行っており、一般見学も実施しています。

  • 一般見学は、原則として毎週水曜日の午後13時00分~14時00分、あるいは14時00分~15時00分に受け付けております。
  • 見学申込書 (Word)に所要事項を記入し、メールに添付して下記へお送りください。
    • メール件名 : 「先端プロ施設見学申し込み」
    • メールアドレス :画像にしたメールアドレス
    折り返し、受付確認の連絡あるいは日時の相談メールを差し上げます。
  • お問い合わせ先:野菜花き研究部門
    担当:野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域長 岡田邦彦(電話 029-838-8528)
法人番号 7050005005207