野菜花き研究部門

花き遺伝育種研究領域(つくば藤本)

遺伝子を組換えていないキク(左)と組換えにより花色が紫色に変化したキク(右)

国内の花き生産を振興するためには、画期的な新品種の開発することが必要とされています。新品種を開発する方法には従来からの交雑育種に加えて、ゲノム情報を活用した分子育種や遺伝子組換え技術などがあります。ゲノム情報を活用した分子育種は有用形質を効率的に改変することに有効です。そこで、花き遺伝育種研究領域では、キク、トルコギキョウなどの主要花きにおいて、花成応答、病害抵抗性など、重要形質を制御する遺伝子を特定し、これらの重要形質に連鎖したDNAマーカーの開発を目指します。カーネーションでは、これまでに作成した遺伝子地図とゲノム情報を活用して、日持ち性、早生性などに関わるDNAマーカーを開発し、マーカー選抜の有効性を明らかにし、それを活用した新品種の開発を行います。ダリアは最近人気の高い品目ですが、日持ちの短さが問題となっています。そこで、ダリアにおいて日持ち性の遺伝性を解明するとともに、日持ち性が改善された系統の育成を目指します。また、トレニアなどにおいて動く遺伝子であるトランスポゾンを利用し、観賞性に優れた有用系統の開発を行います。遺伝子組換えは遺伝的に存在しない新形質を導入することが可能な画期的な手法となっています。これまでに遺伝子組換えにより花色が紫色に改変されたキクをつくることに成功しました。さらに青みを向上させるとともに、ゲノム編集技術などの利用により雌性雄性を不稔化する技術を開発し、遺伝子組換えによる「青いキク」の実用化を目指します。


領域長

市村 一雄 (イチムラ カズオ)

所属研究ユニット

法人番号 7050005005207