農村工学研究所

技術研修

国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構農村工学研究所は,農村工学技術者の技術力向上と研究成果の普及を図るため,研究者が講師となり農業農村整備の推進に必要な技術の受け渡しをしています。この研修は,昭和31年に農林省農地局設計課によって始められたものであり,昭和36年12月に設置された農業土木試験場に組織と業務が継承されました。その後も,研究所の再編と時代の要請の変化に対応しながら,技術研修は研究所の重要な業務として継続して実施しています。年間約5百名の技術者が受講し,昭和31年から通算した研修生数は,約2万名に達します。

コンテンツ