農村工学研究所

バイオマス環境評価システム

システムの概要

バイオエタノールやバイオガスについて、世界の主要国において建設される製造プラントの建設、製造、プラント廃棄にわたるライフサイクル期間中の温室効果ガス排出量を簡単に計算するMSエクセルのワークシートです。ワークシート・ファイルをダウンロードし、エクセルから立ち上げて、各段階に要する経費(プラント建設費や製造原価等)を入力するだけで、使われる諸材料の製造段階で排出される温室効果ガスを含めた全体の排出量を計算し、ライフサイクル期間の環境影響が行えます。

下記サイトより利用下さい。

バイオマス環境評価システム

http://lca-biomass.jp/

背景・ねらい

稲わらを原料とするバイオエタノールの生産技術のような新技術について、経済面・環境面からの有効性を検証するため、ライフサイクル評価(LCA)が実施されます。対象国の産業構造を踏まえたLCA評価の手法として産業連関表を活用した方法がありますが、途上国等を対象に評価を行う場合は、統計データの制約から、この方法の適用が困難な国も多いです。本手法は、バイオエタノール生産技術のLCAのため、世界129ヵ国のデータが公表されているGTAP(Global Trade Analysis Project)のデータから構築する産業連関モデルを適用して生産施設建設から運用・廃棄の期間にわたる生産誘発額・付加価値誘発額及びGHG排出量を推定するものです。この手法は、バイオエタノール以外の生産技術に関するLCAにも適用可能です。

参考

免責事項

本Webサイトの掲載情報の正確性については、十分に検証しておりますが、農研機構は利用者が当Webサイトの情報を用いて行う一切の行為について何らの責任を負うものではありません。 本Webサイトで提供する各種の「開発プログラム」は、十分に検証しておりますが、利用者のパソコン環境、プログラムの不具合、データの不整合などによって問題が生じる場合があります。
農研機構は、各種の「開発プログラム」の使用ならびに、提供される情報や計算結果によって生じる如何なる損害に対して、一切の責任を負うものではありません。

個人情報の取り扱いについて

本Webサイトでお預かりするメールアドレスなどのデータの取り扱いについては「農研機構ホームページ、プライバシーポリシー」に従っています。また、本Webサイト以外で利用するとはありません。

お問い合わせフォーム