農村工学研究所

用水管理

担当分野概要

わが国の農業用水は,水利用全体の約3分の2を占めており,総延長約40万km(地球10周分に相当)に及ぶ農業用用排水路網を通じて, 全国の隅々に広がる水田等にきめ細かく配水されています。この仕組みを農家の水管理組合(土地改良区等)が支えています。

近年,農業用水の需要は多様化しており,近年は気候変動に対応するための用水利用など新しい需要も発生しています。そこで, 農業用水の需要と供給を整合させ,用水を有効に利用して農業生産性の向上を図る用水管理手法の開発を行っています。

研究成果の活用事例

高温障害の発生が懸念される地区で、土地改良区が気温・水温等の観測とWeb公開を行うシステムを整備し、営農部局と用水管理部局が連携を図るきっかけとなりました。(写真:「高温に対する農作物への技術対策会議」の様子)
東日本大震災による地盤沈下の影響で、農業用水への塩水浸入が見られるかんがい地区で、電気伝導度(EC)のモニタリングを行い、塩害を回避するための用水管理の方法を検討しています。(写真:宮城県石巻市に設置したECデータ送信システム)
「高温に対する農作物への技術対策会議」の様子

宮城県石巻市に設置したECデータ送信システム

 

 

スタッフ

上席研究員 内村 求 総括,用水管理を担当:
営農の変化等の最近の動きに注目しつつ、水田の用水管理のあり方という伝統的な課題に取り組んでいるところです。
主任研究員 友正 達美 用水管理組織を担当:
東日本大震災の被災地で、地盤沈下に伴う農業用水への塩水浸入の観測と塩害回避のための用水管理を検討しています。また、農業用水管理の面での気候変動への適応策の検討などにも取り組んでいます。
主任研究員 谷本 岳 用水利用および圃場水収支の分析を担当:
圃場または灌漑地区単位の用排水量測定および周辺の気象要素データを基に、営農者または営農を支援する立場の方々から現状を伺うことにより、高品質な作物を栽培するために用水管理の側面から可能な手法の提案を行っていきたいと考えております。

 

研究課題名

課題1 中課題名:気候変動が農地・水資源等に及ぼす影響評価と対策技術の開発(農地・水気候変動)
実施課題名:高温障害対策としての用水管理手法の開発,
平成22~26年度
課題2 中課題名:気候変動が農地・水資源等に及ぼす影響評価と対策技術の開発(農地・水気候変動)
実施課題名:極端現象に対応するための用水管理技術の開発
平成25~29年度
課題3 中課題名:気候変動が農地・水資源等に及ぼす影響評価と対策技術の開発(農地・水気候変動)
実施課題名:灌水量・灌水強度・時間帯を考慮した散水灌漑による稲の高温障害対策の効果の検証
平成26~28年度
課題4 中課題名:地域農業の変化に対応する用排水のリスク評価及び運用管理手法の開発(用排水管理)
実施課題名:高度化された水田群の広域用排水特性解明および用水需要構造の解明
平成24~26年度
課題5 中課題名:地域農業の変化に対応する用排水のリスク評価及び運用管理手法の開発(用排水管理)
実施課題名:新たな水稲作付け体系導入による用水需要変動への影響の解明
平成26~27年度
課題6 中課題名:多雪重粘土地帯における播種技術及び栽培管理技術の高度化による水田輪作システムの確立(重粘地水田輪作)
実施課題名:地下水位制御システムによる水田輪作の安定化技術の開発
平成23~27年度

 

研究成果(平成26年4月1日現在)

【成果情報】 【原著論文】 【総説・解説・著書】 【プロシーディング】 【報告書・その他】

成果情報

※成果情報の検索はこちら

1) 震災で地盤沈下した農地で塩害を回避するための農業用水のモニタリング 研究 2013年
2) 現地調査を踏まえた津波被災農地の除塩における留意点 普及 2012年
3) 高温年の玄米品質低下を抑制するための用水充足度の重要性 研究 2012年
4) 水稲の高温障害対策と両立できる用水管理の調整手法 技術及び行政(参考) 2009年
5) 塩水地下水浸入がある下水処理水の利用のための塩分低下対策の検討手順 技術及び行政(参考) 2009年
6) 東南アジア水田地域の互恵的な水利慣行を図示する参加型学習行動法 技術及び行政(参考) 2007年
7) 洪水時における低平水田用水管理の評価 技術及び行政(参考) 2005年
8) 米国カリフォルニア州の渇水時水移転における水の多面的役割の保全 技術及び行政(参考) 2003年
9) 農業用水管理における水のプライシングの位置付け 技術及び行政(参考) 2002年
10) 中山間地域水田における流出抑制機能の発揮条件 技術及び行政(参考) 2001年

※研究所刊行物はこちら

原著論文

1) 内村 求,杉浦未希子,石井 敦(2014):農業用水の「従量制」水利費賦課による節水効果の分析-三重用水地区を対象として-,農業農村工学論文集,82(3),1-7.
2) 友正達美,谷本 岳,内村 求(2014):震災からの復興過程における農業用水の塩分濃度モニタリング,農村工学研究所技報,216,1-8
3) 友正達美,坂田 賢,内村 求(2013):平成23年(2011年)(2013):東北地方太平洋沖地震により地盤沈下した取水河川における農業用水の塩分モニタリング,農村工学研究所技報,214,9-16
4) 瑞慶村知佳,北川 巌,友正達美,坂田 賢(2013):平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地の1年経過後の除塩の進行状況,農村工学研究所技報,214,25-35
5) 大塚直輝,坂田 賢(2013):パイプラインを利用した夜間灌漑実証試験,水土の知(農業農村工学会誌),81(4),35-38
6) 坂田 賢,友正達美,内村求(2013):猛暑に対応した水稲作付体系が用水需要変動に及ぼす影響,水土の知(農業農村工学会誌),81(4),3-6
7) 友正達美,佐藤政良,藤本直也,吉村亜希子(2013):農業用水の水利用特性に起因する水利転用の制度的特徴-ニュージーランド南島および米国カリフォルニア州の事例に基づく考察-,水文・水資源学会誌,26(2),75-84
8) 勝山達郎,内村 求,樽屋啓之(2012):農業水利施設の管理における多様な主体の参加と特定受益者賦課に関する考察,農業農村工学会論文集,280,45-51
9) 嶺田拓也,友正達美(2012):平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地の植生管理の必要性-宮城県仙台平野南部における調査から-,農村工学研究所技報,213,297-304
10) 友正達美,坂田 賢,内村 求(2012):平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地における平成23年春期除塩作業の実施状況と今後の課題,農村工学研究所技報,213,79-87
11) 北川 巌,友正達美,原口暢朗,塩野隆弘,若杉晃介,芦田敏文,瑞慶村知佳(2012):平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震による津波被災農地の堆積物・土壌の理化学的特徴,農村工学研究所技報,213,39-51
12) 内村 求,坂田 賢,友正達美(2012):低平地水田地域における揚水機場の運用管理とその効率化,水土の知(農業農村工学会誌),80(3),11-14
13) 坂田 賢,友正達美,内村 求(2012):宮城県南東部の高温条件下における灌漑水路および水田の水温と稲の高温登熟障害の関係,農業気象,68(1),87-92(英文),doi:10.2480/agrmet.68.1.7
14) 坂田 賢,友正達美,内村 求(2012):宮城県南東部における高気温下の出穂期以降の水温環境,応用水文,24,21-29
15) 坂田 賢,友正達美,内村 求(2011):夏季高温下における営農手法が玄米外観品質に及ぼす影響,水土の知(農業農村工学会誌),79(8),27-32
16) 山下 正(2011):沖縄における下水処理水の農業利用の研究,農村工学研究所報告,50,103-135
17) 友正達美,山下 正(2010):水田農業の営農変化に伴う用水需要変化に関する一考察,農村工学研究所技報,210,111-119
18) 山下 正,友正達美,山口信司(2010):下水処理水の農業利用において下水道財産の形状変更を農業側が行うための制度,水土の知(農業農村工学会誌),78(3),27-32
19) 友正達美,山下 正:水稲の高温障害対策における用水管理の課題と対応の方向(2009),農村工学研究所技報,209,131-138
20) 山下 正,山口信司,石原正一(2008):下水処理水の農業利用のための塩分対策,水土の知(農業農村工学会誌),76(11),989-994
21) 友正達美,山岡和純(2006):地域の伝統的水利慣行を生かした農民参加による水管理形成の試み-カンボジアの平地水田を事例として-,農村計画学会誌,25(1),28-34,DOI:10.2750/arp.25.28
22) Tassanee Ounvichit, Masayoshi Satoh, Somboon Chantanusart and Kazumi Yamaoka(2006) : Cost Sharing and Sustainability of Pongsak Muang Fai Irrigation System,Paddy and Water Environment, 4, 81-88,DOI: 10.1007/s10333-006-0035-9
23) 友正達美(2005):歴史的水利慣行の智慧を海外の灌漑開発に活かす,農業土木学会誌,73(12),25-28
24) 山岡和純,堀川直紀,友正達美,任 永懐(2004):モンスーン・アジア水田稲作の水利用の効率性と外部経済,農業土木学会誌,72(9),23-27
25) 丹治 肇,山岡和純(2004):ヴァーチャル・ウォーターの議論の発展性に関する考察,農業土木学会誌,72(4),33-36
26) 山岡和純,落井康裕,真勢 徹(2004):統合的水資源管理と農民参加型かんがい管理に関する考察,農業土木学会誌,72(3),43-47
27) 藤本直也(2004):モンスーン・アジアの農業用水管理と水のプライシング,農業土木学会誌,72(3),39-42
28) 藤本直也,友正達美(2003):中国浙江省における水権交易,水文・水資源学会誌,16(3),215-224(英文),DOI:10.3178/jjshwr.16.215
29) 友正達美(2003):わが国の風土と土・水資源の保全,農業土木学会誌,71(3),45-48
30) 藤本直也,友正達美,吉村亜希子(2001):モンスーン・アジアの水価格設定における灌漑組織の重要性,農業土木学会誌,69(8),35-38

総説・解説・著書

1) 友正達美,北川 巌,嶺田拓也,原口暢朗:津波被災農地の復旧と除塩,土と基礎(地盤工学会誌),61(2),20-23
2) 原口暢朗,北川 巌,友正達美,嶺田拓也,瑞慶村知佳,若杉晃介:宮城県を中心とした東日本大震災による水田の津波被害状況と今後の課題について,土壌の物理性,121,11-17
3) 原口暢朗,友正達美,北川 巌,若杉晃介,瑞慶村知佳,塩野隆弘,芦田敏文,中 達雄,鈴木尚登:津波・高潮により被災した農地,特に水田におけるかんがいによる除塩について,農業および園芸,87(1),162-170
4) 友正達美:水稲の高温障害対策における用水管理の課題と対応の方向(ウェブサイト),農業温暖化ネット,社団法人全国農業改良普及支援協会
5) 友正達美,山下 正:亘理・山元地区における高機能型水管理支援システムについて,JACEM,49,22-25
6) 山岡和純:異常渇水時における農業用水の節水と水道用水への水融通 ~渇水リスクのパラドックス克服により蓄積されたソーシャル・キャピタルが果たす社会貢献~,農業技術,60(12),557-561
7) 山岡和純,佐藤政良,堀川直紀,友正達美,任 永懐,タサニー ウンヴィチット:末端水利組合での参加型灌漑管理に関する農民の自発性と持続性の促進,水利科学,49(5),61-83
8) 山岡和純:農業用水,水の特性と新しい利用技術―農業・食品・医療分野への応用―,エヌ・ティー・エス,105-115
9) 吉村亜希子:中山間地域の水田耕作による流出抑制機能の発揮条件,農業および園芸,78(10),1060-1064
10) 山岡和純:世界最大の水ユーザー農業用水の意識革命,農政ジャーナリストの会編・日本農業の動き146“水”問題の現在,73-91,農林統計協会
11) 山岡和純:モンスーン・アジアの農業水利と食料生産,食の科学,305,30-38

プロシーディング

1) Motomu Uchimura(2012): Irrigation Water Management Structure, 2012 FFTC International Seminar on Water Management Technology for Crop Production under Climate Change, 31-48, Suwon, Republic of Korea on September 4-6
2) Satoshi Sakata, Tatsumi Tomosho and Motomu Uchimura : Measurement of water temperature in the open canal, pipeline and paddy fields to secure cool water in summer in northern Fukui, Japan, International Council on Irrigation and Drainage (ICID) 63rd International Executive Council Meeting, and the ICID 7th Asian Regional Conference, Australia on June 24-29
3) Motomu Uchimura, Satoshi Sakata and Tatsumi Tomosho:Irrigation water management to protect rice grains from heat damage during ripening, 21st ICID congress on irrigation and drainage, 263-269, Iran on October 15-23
4) Kazumi Yamaoka.:Water Use Efficiency and Sustainability in Multi-functional Paddy Rice Agriculture and Irrigation,2006 International Symposium on Environmentally Sustainable Management of Agricultural Water Resources,International Technical Cooperation Center,Rural Development Administration,Suwon,Korea on 18 April
5) Kazumi Yamaoka, Yukinobu Ichida, Kota Asano, Tatsumi Tomosho, Naoki Horikawa and Ren Yonghuai : Social Capital and Economic Rationality in Transferring Agricultural Water to Domestic Use during Abnormal Dry Spells,The 3rd Asian Regional Conference ? Transforming Irrigated Agriculture into an Efficient Engine of Growth,International Commission on Irrigation and Drainage(ICID)in Kuala Lumpur in Malaysia on 13-15 September,2006,p.A-43(p.1-15)
6) Kazumi Yamaoka : Development of Agricultural Water Governance and Social Capital under the Humid Climate,International Network for Water and Ecosystem in Paddy Fields(INWEPF) 3rd Steering Meeting and Workshop “Rice Paddy:Now,Tomorrow and the Future”,Kuala Lumpur,Malaysia,on September 17-19,2006,pp. 1-11
7) Kazumi Yamaoka : PIM and Water Governance for Holistic Values of Multi-functional Paddy Rice Agriculture, RID/JICA Workshop on Approach to Participatory Irrigation Management in Udon-thani, Thailand on Mar. 17-18, 2005, pp. 32-68
8) Kazumi Yamaoka and Ren Yonghuai : Facilitating Farmers’ Incentives on Sustainable Participatory Irrigation Management for Paddy Rice Agriculture in Humid Regions,The 2nd RID/JICA Workshop on Approach to Participatory Irrigation Management in Kanchanaburi,Thailand on June 23
9) Kazumi Yamaoka and Tatsumi Tomosho : Multi-functional Roles of Water in Paddy Rice Agriculture -Conceptual features and policy implications cited from Japanese experiences and studies-,The 3rd Regional Workshop on “The Programme to Demonstrate the Multi-functionality of Paddy Fields over the Mekong River Basin”,Doson,Haiphong,Vietnam,on July 27-28,2005,pp.1-12
10) Kazumi Yamaoka : Externalities of The Blessings of Paddy Rice Agriculture:Discussion on the Keystone for Thoughtful Policy Implication,PAWEES 2005 International Conference on Management of Paddy and Water Environment for Sustainable Rice Production,Kyoto,Japan on 7-8 September 2005,pp.23-32
11) Kazumi Yamaoka : Multifunctionality of Paddy Field Irrigation for a Basin Scale Water Cycle and Bio-diversity in Japan,Proceedings of the International Workshop on Multiple Roles and Diversity of Irrigation Water,Beijing,China on 14 September 2005,International Commission on Irrigation and Drainage(ICID),pp.123-142
12) Kazumi Yamaoka : Paddy Field Characteristics in Water Use:Experience in Asia,OECD Workshop on Agriculture and Water:Sustainability,Market and Policy,Adelaide,Australia,on November 14-18,2005,pp.1-19
13) Kazumi Yamaoka Naoki Horikawa and Tatsumi Tomosho : Water Productivity and Economic Externalities of Rice Paddy Agriculture in the Asian Monsoon Region,The Collection of Theses of International Academic Forum for 2260th Anniversary of the Founding Du Jiang Yan Irrigation System in Chengdu,China on 8-10 August 2004,303-311
14) Kazumi Yamaoka : The Relationship between Water Use in Paddy Fields and Positive Externalities -Japanese Perspective and Proposal-,OECD Expert Meeting on Agricultural Water Quality and Water Use Indicators in Gyeongju,Korea on 7-10 October 2003,243-280
15) Kazumi Yamaoka and Tatsumi Tomosho : Indicators and Methods of Calculating the Volume of Net Agricultural Water Use in Basin Scale in Terms of Impact on the Environment,OECD Expert Meeting on Farm Management Indicators and the Environment,1-15

報告書・その他

1) 友正達美,北川 巌,嶺田拓也:現地調査を踏まえた津波被災農地の除塩における留意点,農工研ニュース,78,p.2,2012年2月

2)

友正達美:水稲の高温障害と両立できる用水管理の調整手法,農工研ニュース,70,p.3,2010年11月
3) Kazumi Yamaoka, Yukinobu Ichida and Kota Asano :Agricultural Water Management as a Safety Net for the Domestic Water Supply during Abnormal Dry Spells:An Analysis on the Behavioral Science in Water Management,Innovation and Development of Urban Agricultural Engineering, pp.41-57,China Waterpower Press
4) Kazumi Yamaoka and Masayoshi Satoh :Shared perspectives for drafting Guidelines on Collective and Participatory Irrigation Management and Development (PIM/D),On-farm Irrigation Development and Management ?Lessons Learnt in Monsoon Asian Countries?,pp.1-15,The Japanese Institute of Irrigation and Drainage(JIID)
5) 山岡和純,寶 馨,虫明功臣:水問題の諸相と最新の論点,水循環変動と水問題,地球規模水循環変動研究の最前線と社会への貢献,地球規模水循環変動研究イニシャチブ報告書,pp.9-38,内閣府総合科学技術会議
6) 凌 祥之,山岡和純:特別報告 国際水田・水環境工学会(PAWEES)-2 2005年国際研究集会報告1:-水田の多面的機能-,農業土木学会誌,74(5),pp.23-24
7) 山岡和純:用水管理研究の展望:地球規模水循環変動研究と国際水田・水環境ネットワーク構想,水文・水資源学会誌,17(1),87-91
8) 山岡和純:湿潤地域の農業用水-水利用の競合性と潜在価格が変動する資源-,第25回国際問題シンポジウム「水田農業を巡るアジアのパートナーシップ」講演集,51-62,農業土木学会
9) 山岡和純:東北タイにおける水利費徴収方法についての課題:一般論として,水資源開発戦略構築調査報告書,465-473,(財)日本農業土木総合研究所
10) 落井康裕,山岡和純:主要テーマ「農業と食料と水」をめぐる議論と日本・アジアからの発信,農業土木学会誌,71(7),26-31
11) 山岡和純・柿田洋一・落井康裕:灌漑の多様性と多面的役割―国際水議論のスコープ拡大―,農業土木学会誌,71(7),52-56

研究所刊行物はこちら